「さすらいの身の浮き雲も散りはてて 真如の月を仰ぐうれしさ」

前へ 次へ