1. まとめトップ

z会 中学生コースの 評判などのまとめ.

「Z会」は中高一貫校や都道府県トップ公立高のワーク類を出版しており、良問を数多く取り揃えるノウハウがある教材です。「Z会」は小学生コースより高校生向けの教材から発展した経緯があるため、受験までのカリキュラムにはノウハウがあり口コミや評判において高い評価を得ています。

更新日: 2019年06月19日

1 お気に入り 137674 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yosenmuraさん

○Z会の通信教育 の口コミ

Z会の教材は応用問題が中心なので、問題の難易度は高いです。
特に数学の問題は難しいと思います。
その為、他の教材を並行して使用しながらまずは基礎を固め、Z会の教材で応用に取り組む、という使い方をお勧めします。https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/k41775.html

Z会って、「大学型」の勉強をさせる教材だと思います。問題解決のために必要な資料・参考書を自分で探し出す、その教材を読みこなして解決していくという、与えられたものをただこなしていれば良い学校の勉強ではできない勉強の仕方です。

その点、私の兄は対照的です。中学ではZ会でトップクラスをキープし、高校受験では公立トップ校に合格。塾や予備校へは一切行かず(時々もぐりこんでたりはしたようですが)参考書を自分で選びつつ日本の頂点Kに合格しました。大学もちゃんと4年で卒業し、今は世間で言われるところの一流企業に勤めています。この辺からも、教材がどうというよりは子供の出来次第、性格なども影響してることが分かると思います(兄は堅実タイプなので)。

中学のときやっていました。私には難し過ぎました。
・出題範囲は学校の授業よりも1ヶ月分以上先(私は公立の中学でした)を行っているし
・漢字問題は国語辞書を開かないと読めないし
・数学は解くのにトータルで10時間以上(1問でそれ以上かかることも)かかるし...

どんなに時間と手間をかけて解いても偏差値は40~50ぐらい(市内の中学間での統一模試では私の偏差値は70ぐらいでした。何なんでしょうねこの差は。)
とにかく大変でした。結局半年ちょっとで挫折しました(そんな私でも国立大学です)。Z会の問題にきちんとついていけて、きちんと理解できるなら東大でも楽勝で合格すると思います。

続けるには相当の意志力が必要になりますので、「親」ではなく「本人」にやる気がない限り無駄だと思います。問題がかなり難しいということでしょうか。

学習教材の『Z Study サポート』は、要点がよくまとまっていると評判です。オーソドックスな学習法として、教科書の丸暗記がありますが、これでは本当の学力は身につきません。

基本問題はスラスラ解けるかもしれませんが、自分の頭で考えて解答する応用問題になると、苦痛を感じてしまう子が少なくありません。Z会の学習教材が優れているのは、学習方法をわかりやすく提示してくれることでしょう。
具体的にどのように学習すればよいのかわかるので、やる気を維持できるのです。勉強の仕方を教えてくれるのは珍しいと思いますね。

○進研ゼミからZ会に代わる子供が少しずつ増えてきます。 その理由はなぜなのか?どんな子が変えているのか?

出典i1.wp.com

長所・・・問題の量が決められる。多い。
        受講科目も決められる。
        進め方も自由
短所・・・文字が多いので分かりずらい。
        解答も説明が難しい。

これが入試を意識した実力テストになると、一変します。「こんな問題見たことない!」という問題がたくさん出題されるのです。

そこで、頭のいいトップクラスの子供たちは、「簡単な問題をやっていてもだめだ。入試レベルの問題は教科書で勉強してもだめなんだ!」ということに気が付きます。

長所・・・絵が多いので楽しく勉強できる
 来年度からコース制になり難易度が決められる。
短所・・・問題量が少ない。
    理社が学校の進度と合わないことがある。

Z会に変わってくるのは、学校内でもトップクラスの子たち。県内のトップ進学校を目指す子供たちから変わってきます。

学校によってもちろん違いはありますが、基本的には「中間・期末テスト」は簡単です。
教科書をしっかり勉強すれば解ける問題が出題されます。
ですから、家庭学習の教材もあまり難しい問題は必要ありません。基礎を学び、しっかり暗記できれば解ける問題ばかりです。学校の問題も簡単すぎるのでZ会の難しい問題で鍛えようとする傾向がある。

ゼミの分かりやすさがいいという子もいればZ会のシンプルさがいいという子もいます。そこのところは息子さん次第になると思います。

でも今Z会に興味があり、もしゼミを使ってても余裕があると言うのなら、Z会してみてもいいと思いますよ。
僕にもできるかな?って心配になるならいっそのこと自分でハードルあげてみるのも悪い事ではないんですよ^^
絶対乗り越えてやる!!って気持ちで必死に勉強したら高校受験は大丈夫です。実際に子供にやらせてみるのもいいですねということでしょうか。

Z会は進研ゼミと比べて、テキスト内容が洗練されていて雰囲気が硬いところがあります。

塾と比べて、部活で忙しくても工夫すれば続けることができます。
教材には「遊び」の面が少なく、「思考力」を養える問題が多くなっています。Z会は何月からでも受講できます。

○Z会中学コースの評判 はどうですか?

悩みに悩んだ末、トップレベルに変更しました。 まずは国英数の3教科です。
英数はそんなに難問ではなかったのですが、ショックだったのは一番得意と思っていた国語がひどい点だったのです。

要は、答案の書き方が全然わかっていなかったのですが(回答に主語がない、「~だから」で結んでいない等々・・)それもいい勉強だと、以後気をつけるようにして、最近ではAがついてます。
夏以降理社も加えてやっていますが、添削は参考書をみてやってよいとはいえ、よく考えないと解けない、逆にいえばよく考えさせてくれる問題です。
それ以外はなんの補助教材も使っていません。(時間もありません!こんな状態で、学校の成績は10番以内です、もっと頑張ってほしいところですが)
ハイレベルで補助教材とお考えなら、トップレベルにされてもよいのではないでしょうか?
(ちなみにうちはすべてレギュラーでやってます。)

Z会ハイレベルコースの弱点は、やはり学校で習っていないような難しい項目を、紙ベースの勉強だけでフォローするのは難しい点だと思います。映像授業などもありましたが、やはり塾で習うのとは理解度に雲泥の差がありました。

ハイレベルコースの難易度の高さは、力をつけるという意味では魅力ですが、わからなかった時の対応が難しくなるという弱点にもなります。親が横についてわからないところを教えてあげる時間をとれないと厳しいのではないでしょうか。

Z会は本当に良いです。出来ていてもアドバイスなどや、違う考え方を赤字でビッシリ書いてくれます。

1枚添削に添削者はどれだけ時間をかけてくれてるのかと思うと感謝しております。
うちは塾なしで、都立トップ高をZ会と過去問でのりきる予定です。(市販問題集は買ったものの手が殆ど回らず、Z会の教材のみ状態です)
それでも自校作模試では安全圏(偏差値70)、W模試では偏差値73程度は何とか採っています。

〇Z会の中学コース(小6)の資料のレビュー

Z会はどうだろうか?と資料請求をしてみました。

もともと6年生の途中まではドラゼミ(中学講座なし)をしていたので、そのころは漠然と「中学になったらZ会もいいかな~」と考えていたんです。^^
当面、進研ゼミをやめる予定はないのですが、どんな内容なのかは知っておきたいなぁと思ったので資料請求しましたよ。

封筒の裏には、2011年の合格実績が。中学生コースでも、高校の合格実績ではなく、あくまで大学の実績なのが、Z会って感じですよね~。

ちなみに東京大学全合格者3,135人のうち、Z会受講者は1,192人! 1/3以上の占有率です。さすがZ会!

受講内容が書かれたメインのパンフレットです。B5サイズ。「2012年新学習指導要領完全対応」と書かれています。

いきなり「キミが思っているほどZ会は難しくない」だそう。苦笑
Z会でもマンガ付のことがあるんですね~!(説明用の冊子だから、入りやすくするため?)かわいらしい表紙だったので、小4の長女が「あ!Z会の案内だ~!見せて~」と寄ってきました。イラストの威力ってすごい!(できれば、長男に見てほしいんだけどなぁ…^^;)

12/26までに中学コースに入会すると、「Z study小学復習号」や「中学ステップアップ号」のほかに、中学での生活や学習アドバイス冊子「ドキドキ中学生活大解剖」「授業の受け方・ノートの取り方入門BOOK」「定期テスト対策ガイド」「みるみるわかる中1学習」がもらえるそうですよ。

中学準備に備えよう
・高校準備コースの案内
・中高一貫コースの案内
・入会申込書
・Z会の教室 冬期講習会のチラシ
・中学生活もこれで安心だBOOK

資料は無料みたいなので興味のある方は取り寄せてみてはいかがでしょうか。

また、私がZ会で気に入っているのは
担当の先生から月一でお電話を頂けるという所です。
考えているパパ、ママにお勧めするのは取り敢えず資料請求をしてサンプル教材などをお子さんにやってもらう事で
実際の感触やお子さんにとって難しいのかどうかがわかります。

サンプル教材で試すことができるみたいですね。

〇Z会中学講座のトップレベルの評判は?

トップレベルの教材は、基礎が出来てるとみなした内容になっているので、基礎ができてないと簡単についていけなくなります。

解説や添削で詳しく教えてくれるので、それを見るとわかったという気になりますが、土台が出来てないと、別の角度からの問題を出されたらお手上げです。全然解けません。
かなりできるお子さんでも難しいと感じるレベルがトップレベル。ついていくためには、基礎が出来ていることが前提で、市販の問題集を併用し演習量をこなす必要があり、かなり大変なレベルではないかと思います。

1 2