1. まとめトップ

ある日突然好物が食べられなくなるかも!”大人のフードアレルギー”が急増中

今、大人が突然フードアレルギーになる人が急増しているそうなんです!その原因とはいったい何なのでしょうか?あなたも、ある日突然好きな物が食べられなくなるかもしれませんよ!そんな悲しい事態にならないためにも、対策法を知っておきましょう!

更新日: 2015年08月17日

4 お気に入り 2084 view
お気に入り追加

子供だけじゃない!

食物アレルギーというと小さな子どもが発症するものだと思われがちですが、実は近年「大人」が発症するケースが急増しています。

今まで大好物だったものが、突如食べられなくなることもあり、かなりの苦痛と我慢強さが必要に。
一度発症すれば非常に治りにくい「大人のアレルギー」について調べてみました!

食物アレルギーはなぜ起こるのか?

食事をした時に、身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御する為に過敏な反応を起こす事を指します。

戦わせる事で、身体のどこかしらの部分を侵害し、アレルギーを起こす物質が出ます。結果、アレルギー症状が出てくるのです。

「大人アレルギー」のメカ二ズム

大人の場合、アレルゲン食品を食べなくても、鼻の粘膜や皮膚から入り込むことでもアレルギー反応を起こすことがあるのです。

また、毎日アレルギーの原因となる特定の食べ物を食べているうちにアレルギーになっていく場合もあります。

現代社会にも関係がある?

環境や生活のリズムが変わると、知らす知らずのうちにストレスになり、体の免疫機能のバランスを崩すことにもつながります。その結果、アレルギーが起こってしまうという例はよく見られます。

近年になって大人のアレルギーが増えているのは、抗体の生成を促すような生活環境に置かれていることに、大きな原因があると考えられます。

公害や食品添加物、ストレスの多い人間関係、密閉性の高い住居やオフィス、運動不足など、アレルギー発症の要因は私達の生活に数多く存在しているのです。

「大人のフードアレルギー」を引き起こす意外な食べ物とは

子供と大人では食物アレルギーを引き起こしやすい食品は異なります。

大人は
・果物、野菜
・小麦
・魚介類
・蕎麦
・卵

などが考えられます。

ちなみに、症状は食べてすぐ現れることもあれば(即時型アレルギー)、数時間後~数週間後に出ることもある(遅延型アレルギー)とのこと。

遅れて出た場合は、頭痛やめまい、倦怠感、肌荒れ、情緒不安定など症状が多岐にわたることもあり、自分がフードアレルギーだと気づかないことも多いといいます。

「大人のフードアレルギー」を避けるには?

まず大切なのは、同じものばかりを食べるという食習慣を改善することです。それによりアレルゲンの容量オーバーを防ぐことができます。

色々な食品をバランスよく食べるようにしましょう。また、ストレスは適度に発散して、免疫力を低下させないことも大切です。

1





バナナカフェオレさん

頑張ってまとめます!!
よろしくお願いします!!