1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

。日本が大陸を侵略してイスラム国ならぬ満州国をデッチアゲ、しかもその「国家」の財源の主要な部分に阿片の独占販売で得た収入を充てていた。
こうして麻薬販売を日本が独占し、中国の民衆を廃人化することで「国家」予算を賄っていた時代には阿片はとても身近なそして実感を伴う言葉だった。
しかし今の日本の自動車産業のような稼ぎ頭だった阿片も、すでに日本の商売道具ではなくなった現在、宗教を阿片に例えるよりも「宗教は詐欺である」と含蓄に欠ける平明な言い方をした方が時代的には分かりやすいかもしれない。チョットした心の隙に忍び込み、言葉巧みな勧誘員につい油断して話し相手になっていると、心を根こそぎにされ正常な判断力を奪われてしまう・・・信者とは、自覚無き宗教詐欺被害者のことである。

戦時中、東条英機首相(当時)率いる内閣の閣僚として戦争遂行の一翼を担い、一時は「A級戦犯」容疑者として拘留されていた戦争犯罪者

岸は満州で3つの“財産”を手に入れている。統制経済による国家経営のノウハウ、東条英機(当時、関東憲兵隊司令官)を筆頭とする関東軍人脈、そして湯水のごとく使える金脈だ。岸に関する評伝、研究書は数多あるが、いずれも明確に指摘しているのが、後に東条英機を宰相にまで持ち上げたのは岸の資金力があったからだ、という事実だ。

アヘン取引による利益である。当時の満州国は表向きはアヘン吸飲を禁じていたが、満州専売局を通して登録者に販売できるシステムを採っていた。事実上、野放しだ。にもかかわらず一方で売買が禁止されているため、価格は吊り上げ放題で、巨額の利益が上がる仕組みになっていた。

岸信介は日清戦争が終わった翌1896年、山口県に生まれた。元首相の佐藤栄作は実弟だ。兄弟の父は岸家の人だが長州藩士に連なる佐藤家の娘と結婚したため、佐藤家の分家の形で佐藤姓を名乗った。中学生のときに岸が父の実家である岸家に養子入りして、「岸信介」が誕生する。
 地元の高等小学校を卒業した後、名門岡山中学から山口中学に転校し、いずれも首席を続けた。東京帝国大学入学後も、後に民法学の大家となる我妻栄と首席を分け合う秀才ぶりだったという。卒業後の岸は商工省の革新官僚として統制経済(経済・産業を国家の統制下に置こうとする社会主義的政策)の旗手となるが、それは国粋主義を唱える大学の恩師、上杉慎吉と大アジア主義(日本を盟主とするアジア諸民族連帯の思想)の大川周明、国家社会主義の北一輝の強い影響だったと言われている。

岸信介元総理はA級戦犯として捕らえられ東京裁判に望むとき、「われわれは戦争に負けたことに対して日本国民と天皇陛下に責任はあっても、アメリカに対して責任はない」、そして、「侵略戦争というものもいるだろうが、われわれとしては追い詰められて戦わざるを得なかったという考え方をはっきり後世に残しておく必要がある」(http://ja.wikipedia.org/wiki/岸信介)と言ったという。http://blogos.com/article/68553/

1 2