1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

昼間に道路の騒音が60デシベルを超える地域では、55デシベル以下の地域に比べて成人と高齢者の死亡率が4%高かった。

昼間の道路騒音が最もひどい地域(60デシベル以上)では55デシベル以下の地域に比べて脳卒中で入院する人の割合が成人は5%高く

高齢者では9%に達した。夜間の道路騒音(55~60デシベル)も高齢者に限り脳卒中のリスクが5%高かった。

道路騒音はこれまで睡眠障害や高血圧と関連付けられてきたが、死や脳卒中との相関関係を証明したのは私たちの研究がイギリスで初めて

騒音の中で生まれ育ったスズメのひなは、より静かな環境で育ったひなよりも染色体の末端部が短かった。しばしば靴紐の先に例えられるこの末端部分は「テロメア」と呼ばれ、染色体を保護する役目を担っているが、テロメアの長さから細胞の老化を予測することが可能で、テロメアが長いほど寿命が長いという関連性が多くの研究で示されている。

複数のスズメのつがいとそれらのひな21羽に対し、あらかじめ録音した交通騒音を1日6時間、1週間にわたり浴びせた。一方、別のひな16羽は、フランスの田舎の比較的静かな環境でふ化させ、育てた。

 両方のグループのひなが生後9日に達した時、テロメアの採取を含め、両方のひなの検診を徹底的に行った結果、騒音の中で育ったひなは「著しくテロメアが短い」ことが分かった。研究チームは、なぜ騒音がテロメアにとって不利を招くのかは分からないが、ひなの睡眠を妨げてストレスを引き起こすためだと推測している。

青々とした牧草地にカランカランと鳴り響くカウベルの音は牧歌的な情緒を誘うかもしれないが、近所の住民にとっては騒音にすぎない――スイス・チューリヒの裁判所は今月始め、騒音が近隣の安眠を妨げているとして、夜間は保有する乳牛27頭の首からカウベルを外すよう牧場主に命じた。

こ れ は 素 晴 ら し い

いまや人生で最も貴重で価値のあるものと言っても過言ではない "静寂な生活" 心静かな時間を諦めかけていた僕らにとってこれは朗報です

オーストリア・ウィーン大学のルドルフ・ステファニ (Rudolf Stefanich) による「Sono」は、部屋のガラス窓に取り付けることで屋外の騒音から来る振動や、Wi-Fiの電波を揺らす電磁ノイズのエネルギーを認識、逆位相の信号をオーディオ信号と混合して出力し打ち消す機能を搭載しています

単に打ち消すだけではなく、飼い犬の声や鳥のさえずりだけをフィルタリングから外すことも可能

充電はいままで通り電源から行われると同時に、現在ノキアリサーチセンターで開発されているWifi経由による充電が搭載される予定。世界的に知られる家電メーカーダイソンの創始者、ジェームズ・ダイソン・アワード(James Dyson Award) のファイナリスト20に選ばれ、NBCが行ったインタビューによると、ステファニは既に企業の協力を得て商品化を進めているとのこと

1