1. まとめトップ

そもそも恒心教とは?

恒心教(こうしんきょう)とは、真理の御霊・最聖唐澤貴洋尊師を教祖とする宗教である。

2012年当時、NHKスペシャルの放映からなんでも実況J板で流行していたオウム真理教関連のネタが、唐澤貴洋の炎上とともにサジェスト汚染やネタ設定の一つに加わり、唐澤貴洋がオウム真理教の信者である等のネタへと広がりを見せるようになる。本来は尊師という呼称もオウム真理教ネタの一つであった。

なお、「恒心教」とはネットユーザーによる“架空の宗教”で、たびたびイタズラに用いられています。

では、「唐澤貴洋」とはどんな人物なのか?

唐澤 貴洋(からさわ たかひろ、1978年 - )は、日本の弁護士(第一東京弁護士会)である。東京都港区出身。

ネット上の掲示板「2ちゃんねる」やTwitterなどのSNSで多数の殺害予告を受けている。

何故殺害予告を受けているのか?

そもそもの経緯は2009年に遡ります

2ちゃんねる系列の掲示板「なんでも実況J(ジュピター)」において所謂”荒らし”行為を行ったとあるユーザーが炎上、住所・氏名・大学などの個人情報が特定されました。

現在は謝罪済みです。

度重なる誹謗中傷に耐え切れなくなったこのユーザーはとある弁護士を雇い、訴訟を起こします。

この時に雇われた弁護士が唐澤貴洋氏だったのです。

相談を受けた唐澤貴洋氏はさっそく2ちゃんねる運営へ削除要請を申請し、同時に批判要望板にて中傷書き込みをした発信者情報の開示請求を行う。

と、ここまでは順調でしたが....

氏が自身に対する誹謗中傷の書き込みも同様に開示請求を行うようになると、掲示板のユーザーはどの程度の誹謗中傷なら開示されないのか、というチキンレースを始める事態に。

殺害予告もこの頃から始まったようです。

恒心教がこれまで行ってきた行為の数々

弁護士への殺害予告は100万回を超える。

他にも唐澤弁護士の盗撮、被害者宅の撮影、不法侵入、所有物の窃盗、被害者家族の盗撮、ピンポンダッシュなど。

被害者宅への訪問を「ちばけんま」、弁護士事務所への訪問を「とらけんま」と呼んでいるそうです。

島根県の出雲大社や広島県の原爆ドーム、さらにはアメリカのケネディ宇宙センターや2015年1月にイスラム過激派に襲撃されたフランスの新聞社シャルリー・エブド本社に対し、オウム真理教を連想させる「サティアン」や宗教の団体名を連想させる「恒心教」、「恒心教 核実験場」等という名称がつけられる改ざんが行われていたことが確認された

これらは明確な犯罪行為であり、みんなやっているからセーフなどという理論は実社会では通用しない。

実際に逮捕案件も存在する。

Twitterにも進出

規模の拡大が目的の模様。

唐澤弁護士に成り済まして根も葉もないデマを垂れ流し、氏の評判を下げるのが目的であると考えられる。

Twitterでも殺害予告を繰り返している。

1 2





Anonymous_819さん