1. まとめトップ

歯肉後退で見た目が悪くなる!歯肉後退の対処方法と歯茎再生手術

歯並び、歯肉の状態というのは、口元の見た目に大きく作用してきます。歯肉交代の対処方法と歯茎再生手術についてまとめました。

更新日: 2019年06月12日

2 お気に入り 15240 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

何のケアもせずに放っておくと気づいたときには手遅れな上に、治療に高額な費用がかかる。

口の中を綺麗に保ったり、外科手術などの方法で軽度の歯肉後退であれば、回復は可能になってきています。

歯肉が下がると見た目が悪くなる

出典www.ne.jp

歯肉は、歯周病などにかかっている状態で、歯茎を強く磨きすぎる時に下がることが多いです。また、歯並びが悪くて歯茎に負担がかかっている場所が歯肉が下がりやすくなります。

長い時間磨くこと、強く磨くこと、硬い歯ブラシで磨くことは、必ずしも適切な歯磨きとはいえません。 歯ぐきが傷ついて下がったり、歯が削れたり、しみたりする原因になります。

歯が綺麗な女性はモテるというのは、言わずもがなだが、歯茎が若いと顔全体の印象がガラリと変わる。

歯ぐきのラインが不揃いな場合は、歯が大きく見えたり小さく見えたりしますので、印象が良くありません。

歯肉炎を患っている赤黒い歯茎が、健康で引き締まったピンク色の歯茎になるだけで顔の透明感がアップします。

歯ブラシの圧力による歯肉後退

重度歯周病の治療による歯肉後退

歯周病手術後。重度歯周病では、高度な歯槽骨の吸収があるため、術後に歯肉退縮が必ず起こる

歯を支える骨がなくなっているので、歯が残っていても抜歯の対象になってしまいます。

年齢及び病態の進行状態から見て、一般的に見られる歯周炎ではなく、下記の分類の侵襲性(急速破壊性)歯周炎である可能性が高いようです。

歯肉後退による症状

歯の表面が摩耗してしまうと知覚過敏がでやすく虫歯ではないのに、歯ブラシを当てるとチクチクするような痛みや、風がふいたり、冷たいものを飲んだりするとしみたりしてしまいます。

ブラックトライアングルの出現

この現象は個人差がありますが、30代頃から現れ始め、40代以上になると目立ってくるようになります。

歯周組織の治療

エムドゲインというタンパクを塗布と骨の移植を行っています。

30歳を超えてからのデンタルケアが重要

30歳をターニングポイントにして、肌に疲れが出ることがありますが、歯茎にも疲れが溜まったり、一気に無理がきかなくなります。

参考リンク

1