被害者側は加害者にいくらの慰謝料を請求できるのでしょうか?
交通事故に遭った場合、慰謝料の金額は非常に重要です。どんなに加害者に悪意があっても、どんなに被害者が精神的苦痛を被っても、結局は慰謝料という損害賠償金で解決することになるからです。

しかし、慰謝料は迷惑料のようなものですから、いくら請求したいかは被害者や遺族の心情次第です。それでは一向に加害者側と折り合いがつきませんので、交通事故の損害賠償額に関しては、3つの査定基準があります。

自賠責基準
任意保険基準
裁判基準(弁護士基準)
実は、損害賠償額はどの基準で査定されるかによって金額が大きく違ってくるのです。金額が少ない順に並べると、

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【交通事故にあったとき、被害者がまずやるべきこと】交通事故での賢い慰謝料増額方法

交通事故で被害者にあったら、慰謝料増額を検討する事!交通事故は、示談で解決するケースが多いのですが、慰謝料の算定基準がそれぞれ異なり、それによって慰謝料が大きくことなることも気を付けておきましょう。増額の仕方やポイントをまとめてみました!

このまとめを見る