つまり、被害者側にとって裁判基準で査定してもらうのが最適ということになります。逆に加害者側は、一番支払いが安くて済む自賠責基準に近い金額で示談を成立させようとしてくるでしょう。

まずは順番に見ていきましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【交通事故にあったとき、被害者がまずやるべきこと】交通事故での賢い慰謝料増額方法

交通事故で被害者にあったら、慰謝料増額を検討する事!交通事故は、示談で解決するケースが多いのですが、慰謝料の算定基準がそれぞれ異なり、それによって慰謝料が大きくことなることも気を付けておきましょう。増額の仕方やポイントをまとめてみました!

このまとめを見る