詳しくは国土交通省のホームページに記載されていますが、やや難解ですのでここで簡単に説明します。

自賠責基準とは、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が定めた基準です。ちなみに自賠責保険とは、原付を含む全ての自動車に加入が義務付けられた保険で、車の運転によって他人を死傷させた場合、つまり人身事故の損害について支払われる保険です。あくまで被害者の救済を目的としていますので、自分自身が受けた損害や物損事故などは補償されません。また、損害賠償額の査定基準は国土交通大臣および内閣総理大臣が定めています。

残念ながら、3つの査定基準の中で最も金額が低い基準です。しかし被害者側は普通そんなことを知る由もないため、保険会社は被害者の無知に付け込んで、一番安い自賠責基準で慰謝料を含む賠償金を算定し示談を持ちかけてきます。
騙されないように気を付けてください。

中には、本来は怪我による通院治療費とは別途支払われるはずの後遺障害に対する損害賠償も含めて、自賠責基準で定められた最低金額で支払いを済ませようとしてくる保険会社もあります。十分に注意しましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【交通事故にあったとき、被害者がまずやるべきこと】交通事故での賢い慰謝料増額方法

交通事故で被害者にあったら、慰謝料増額を検討する事!交通事故は、示談で解決するケースが多いのですが、慰謝料の算定基準がそれぞれ異なり、それによって慰謝料が大きくことなることも気を付けておきましょう。増額の仕方やポイントをまとめてみました!

このまとめを見る