任意保険基準とは、自賠責保険で補償しきれない部分を補償するために被保険者が任意で加入する保険会社が定める査定基準です。これは保険会社によって様々で、自賠責と違って基準が公表されていません。ですから、場合によっては自賠責と大して変わらない金額が提示されることもあります。

あくまで保険会社の営利が優先されますので、

「自賠責が払ってくれない分は、任意保険がきちんと査定して支払ってくれる」

と安心しないことが大切です。保険会社は営利企業です。

「画一的な自賠責基準ではなく、あなたの事情を考慮して査定します」

と真摯な態度で言われたとしても、保険会社にとって被害者側はあくまで他人です。

他人のために営利企業が自分たちの損になる査定額や情報提供をしてくれると思いますか?

保険会社の担当者の人柄がどんなによくても、彼らは保険会社の社員であり、会社の利益のために働いているのだということを被害者側は忘れてはなりません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【交通事故にあったとき、被害者がまずやるべきこと】交通事故での賢い慰謝料増額方法

交通事故で被害者にあったら、慰謝料増額を検討する事!交通事故は、示談で解決するケースが多いのですが、慰謝料の算定基準がそれぞれ異なり、それによって慰謝料が大きくことなることも気を付けておきましょう。増額の仕方やポイントをまとめてみました!

このまとめを見る