保険会社は、解説した通り、自賠責保険基準ないしは任意保険基準で示談してきます。
その提示額は、当然低い慰謝料金額です。保険会社は営利企業であるため、保険の支払いはなるべく抑えるのが仕事といってもよいでしょう。

被害者単独で、弁護士規準を訴えた所で保険会社は聞く耳を持つことはしないでしょう。しかし、交通事故に強い弁護士は自賠責保険基準、任意保険基準等は一切触れません。

そもそも、弁護士規準(赤本規準)がスタートラインとして交渉します。弁護士基準の慰謝料は、弁護士が裁判を起こすという前提で保険会社と示談交渉することで成立します。

慰謝料を増額するためには、弁護士に依頼することが重要になるのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【交通事故にあったとき、被害者がまずやるべきこと】交通事故での賢い慰謝料増額方法

交通事故で被害者にあったら、慰謝料増額を検討する事!交通事故は、示談で解決するケースが多いのですが、慰謝料の算定基準がそれぞれ異なり、それによって慰謝料が大きくことなることも気を付けておきましょう。増額の仕方やポイントをまとめてみました!

このまとめを見る