裁判基準による計算は、被害者(または遺族)が行うのではなく、弁護士が行うものです。

よって、弁護士への依頼が必要になります。当然ながら弁護士費用が発生しますが、一番安い自賠責基準に比べると2~3倍近い損害賠償額を勝ち取ることが期待できますので、交通事故の被害者は迷うことなく裁判基準で損害賠償額を請求するべきです。

保険会社主導に任せたりせず、きちんと交通事故に強い弁護士に相談して解決を図ることが重要です。

無料相談、後払い(成果報酬型)、弁護士費用特約活用などで、交通事故の被害者は、弁護士相談を活用している人が増えていることも忘れてはなりません。交渉のプロに依頼することが、早期に解決でき双方納得できるため、加害者側のためになることも多いのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【交通事故にあったとき、被害者がまずやるべきこと】交通事故での賢い慰謝料増額方法

交通事故で被害者にあったら、慰謝料増額を検討する事!交通事故は、示談で解決するケースが多いのですが、慰謝料の算定基準がそれぞれ異なり、それによって慰謝料が大きくことなることも気を付けておきましょう。増額の仕方やポイントをまとめてみました!

このまとめを見る