1. まとめトップ

【2019年版】TIME(タイム)の最新情報【ロードバイク】

■ブランド:フランス ■代理店:ポディウム

更新日: 2019年03月17日

6 お気に入り 214164 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hukukenさん

|上位モデル譲りの上質な走り タイム「アルプデュエズ21」

バイクインプレッションは、タイムのクライミングロードレーサーのセカンドグレード「アルプデュエズ21」をレビュー。上位モデルの素性の良さを受け継ぎ、ロードバイクの本質を捉えた走りと、絶妙なプライスパフォーマンスを誇る1台です。FSAの電動コンポ装着で試乗。 cyclist.sanspo.com/457602 pic.twitter.com/1PtoM5grI2

アルプデュエズ21は、上位モデルの「アルプデュエズ01」から製法を踏襲しつつ、使用しているカーボン繊維のグレードや使用比率を変更してコストダウンを図ったモデルだ。特徴として天然素材を用いたバサルト繊維を盛り込み、振動吸収性を高めている。

走り始めてすぐに感じたのは「TIMEらしい!」の一言。今回試したバイクには振動除去機構を備えた「アクティブフォーク」は装着されておらず、クラシックフォークのモデルだったが、重厚感溢れるハンドリングにブランドらしさ現れていた。

税抜価格:298,000円
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
カラー:ホワイトアンスラサイト、レッドブラック
重量:930g(Sサイズ)

▼2019年モデル

▼SCYLON DISC(サイロン ディスク)

アルプデュエズ1は840gとタイム史上最軽量バイクで、前モデルといえるアイゾン(920g)から-8.6% の軽量化を成し遂げた。

アルプデュエズでは軽量化と同時に、剛性の確保もされ、前モデル、アイゾンから30%以上の剛性/重量比の向上を成し遂げている。ライダーは活発性、反応性、パワーの違いを感じることができるという。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥560,000〜
フレーム重量:840g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥560,000〜
フレーム重量:840g

▼SCYLON 特別限定車フレームセット

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥580,000〜
価格:フレームセット ¥630,000〜(DISC)

▼ALPES D'HUEZ 1 AKTIV fork(アルプデュエズ 1 アクティブフォーク)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥750,000〜
フレーム重量:840g

▼ALPE D’HUEZ 01 特別限定車フレームセット

特別限定車は、クラシックロゴがダウンチューブに入ったトラディショナルなグラフィックで、カーボンベースにホワイトのロゴ、トップチューブなどにフレンチトリコロールのワンポイントが彩りを添える。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥690,000
価格:フレームセット ¥730,000(DISC)

▼ALPES D'HUEZ 1 CLASSIC fork(アルプデュエズ 1 クラシックフォーク)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥590,000〜
フレーム重量:840g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥590,000〜
フレーム重量:840g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥590,000〜
フレーム重量:840g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥590,000〜
フレーム重量:840g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥590,000〜
フレーム重量:840g

▼ALPES D'HUEZ 21(アルプデュエズ 21)

アルプデュエズ21はカーボングレードを落としただけではなく、衝撃吸収素材としてロシニョールグループがスキー分野で使うバサルト繊維を投じることでホビーライダーに適した乗り味と耐久性を実現したモデル。シートポストのクランプが別パーツとなっている他、ヘッドセットは従来のクイックセットを継続採用している。

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥298,000〜
フレーム重量:970g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥298,000〜
フレーム重量:970g

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥298,000〜
フレーム重量:970g

▼2018年モデル

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥750,000〜
フレーム重量:840g

アルプデュエズ1はタイム史上、もっとも軽量なバイクで、従来の軽量モデルアイゾンよりも-8.6%もの軽量化に成功。シルヴァン・ノアリ氏(グループ・ロシニョール バイク部門副社長タイム・スポーツ・インターナショナル CEO)によると新しいフレーム構造を開発し、上りでのトップ・パフォーマンスを確保するために剛性を維持しながら軽量化を優先させたモデルだという。

詳細:https://www.cyclowired.jp/microsite/node/255381

アルプデュエズ1は840gとタイム史上最軽量バイクで、前モデルといえるアイゾン(920g)から-8.6% の軽量化を成し遂げた。

アルプデュエズでは軽量化と同時に、剛性の確保もされ、前モデル、アイゾンから30%以上の剛性/重量比の向上を成し遂げている。ライダーは活発性、反応性、パワーの違いを感じることができるという。

快適性の向上のためにアクティブ・フォークを継続採用。これは従来のモデルにも採用してきたシステムで、ダンパーが動くことで、振動を路面に近い箇所で吸収。ライダーに伝わる振動を30%減らす効果がある。

【2018 NEWプロダクツVOL.13】TIME/Alpe d’Huez 01
http://funride.jp/equipment/2018-newmodel-vol-13_time-alpe-dhuez-01/

軽さだけじゃない、総合力に富んだオールラウンダー タイム「アルプデュエズ01」
https://cyclist.sanspo.com/391386

1 2 3 4 5 6