1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

福島県によると、原発事故前の21年度には小学生から大学生まで県外から延べ約55万人が訪れていた。事故後の23年度は7万人に減少。戻りつつあるとはいえ、26年度でも25万人と半分に満たない。

 福島県職員が県外の学校などに対し、震災学習のための「教育旅行」と称したツアー斡旋の訪問活動を強化しているが、「子供たちを殺す気か」と全く聞く耳を持ってくれない人もいるという。

 さらに外国人から見た「風評」は顕著だ。20年の海外からの観光客(延べ宿泊数)は約12万3千人だったが、事故のあった23年は2万8千人、26年は約4万4千人と伸び悩む。

 観光関係者によると、原発事故現場から約100キロ離れている会津地方でも、「福島」というだけで敬遠されるという。

福島市の子どもの学校給食の放射性物質の検出限界値は『10ベクレル』だが、県庁の食堂の検出限界値は『1ベクレル』だと怒りhibi-zakkan.net/archives/18764... 急病人 人身事故 給食 水道水 再開発 渋谷 オリンピック 豊洲 pic.twitter.com/1MajYd6BRG

1