1. まとめトップ

日本発のエボラ薬 注射剤を開発へ

エボラ出血熱への治療効果が期待されている抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」について、開発企業の富士フイルムが注射剤版の開発を検討していることを明らかにしたそうです。

更新日: 2015年08月22日

0 お気に入り 306 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

国道10号さん

緊急事態宣言から1年

もし流行国に渡航し帰国した後、1か月程度の間に、発熱した場合には、万一の場合を疑い、地域の医療機関を受診することは控えていただき、まず、保健所に連絡をし、その指示に従ってください。(厚生労働省HP)

「アピガン」の効果

いつまで続く?ウィルスの恐怖

1