1. まとめトップ

大逆転とはならずとも…地道に復活への狼煙を上げようとするタイガー・ウッズの今

ゴルフ好きなら誰もが知っているスーパースター、タイガー・ウッズ。過去何度も大会に優勝し、輝かしい実績を残しています。しかし、今のタイガー・ウッズはとても厳しい状況に置かれています。そんな彼が今どうしているのか、現状をまとめました。

更新日: 2015年08月25日

0 お気に入り 1382 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cobalt0822さん

知らない人はいない!世界の一流プレーヤー「タイガー・ウッズ」

エルドリック・タイガー・ウッズは、アメリカ・カリフォルニア州サイプレス出身のプロゴルファーである。

2008年には4大メジャー大会3勝を挙げるトリプルグランドスラムを達成。

歴代2位のメジャー選手権優勝14回、史上2人目のトリプルグランドスラム達成、生涯獲得賞金額1億ドルを突破し歴代1位。

1ドル100円計算だと100億円になります!凄い!

プロに転向してから破竹の勢いで優勝を重ねた

1996年8月27日にプロ転向後、わずか10か月余りでマスターズを含む7大会で優勝

2000年全米オープンから2001年マスターズまで、メジャー大会4連覇を達成。

21歳にしてPGAツアーの史上最年少賞金王に輝いた。

その後、アメリカPGAツアー46勝、国際試合で9勝を上げ、総計55勝を20歳代で記録し、他の世界的活躍をみせるプロゴルファーと比較しても抜きん出た才能を見せた。

ウッズは2000年に、年間9勝を挙げるなど最盛期を迎え、世界ランク1位も通算650週と、史上最長記録を更新した。

しかし、浮気などのスキャンダルも多かった…

夫婦ケンカを契機に発生した自動車事故をきっかけに次々と愛人の存在が発覚

夫人が説明した「夫を助けるためにゴルフクラブで窓を叩き割った」との事故の経緯に不自然な点があったためさまざまな憶測が飛び交い、複数の女性との愛人疑惑が報道される事態となり、自身のホームページで家族への謝罪声明を掲載するまでに至った

スキャンダル以降長らく勝利から遠ざかってきた

スキャンダル以降のウッズはまるで別人の様だった

度重なる故障やスイング改造に端を発するアプローチ・イップス、そして絶不調に陥り、世界ランキングは286位、米ツアーのフェデックスカップランキングは187位まで後退している。

2008年の全米オープンを最後にメジャー優勝から遠ざかり、通常大会でも、もう2年も勝っていない。

肉体の衰えのみならず、優勝争いの戦い方や勝ち方といった戦士としての「勘」や「感覚」も、かつてのような冴えがあるとは到底思えない。

現在はキャリア5度目のスイング改造中。その成果は一向に数字に表れず、低迷し続けている。

メディアに「終わりの始まり!?」、「引退へカウントダウン?」などと報道されることもあり、見聞きする度につらい思いをしているだろうと思っていた。

そんな彼が今必死で戦っている!

米ツアーのレギュラーシーズン最終戦、ウインダム選手権に出場しているタイガー・ウッズ

今年はタイガー・ウッズ(39)がツアー20年目にして今大会に初出場することに驚いた。

そんな苦しい状況下、ウッズは先週の全米プロで予選落ちを喫すると同時にウインダム選手権出場を正式に決めた。

ゴルフ界に王者として君臨し続けてきたウッズは、今大会のような、いわゆる「平場」のレギュラー大会には、あまり出場しないことが彼の流儀だった。

タイガー・ウッズを動かすものとは?

1 2 3 4