1. まとめトップ

【最強印鑑】チタン印鑑を買う前に知っておきたいことのまとめ

各種金属印鑑の中でも特にチタン印鑑は注目株で、「適度な重量で捺印性が良い」「磨耗・火災・腐食に強い耐久性」「人体に限りなく無害」「高級感」と良いことづくめです。印鑑の王様「象牙」を脅かす、すごいチタン印鑑を買う前に知っておきたいことのまとめです。

更新日: 2015年08月31日

rororon39さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 8385 view
お気に入り追加

★★チタンの特性★★------------------------

各種金属印鑑の中でも特にチタン印鑑は注目株で、「適度な重量で捺印性が良い」「磨耗・火災・腐食に強い耐久性」「人体に限りなく無害」「高級感」と良いことづくめです。
印鑑の王様「象牙」を脅かす、素晴らしいチタン印鑑を買う前に知っておきたいことのまとめです。
以下、チタンの特性についてハンコヤドットコム様のサイトから引用です。

■耐久性
当社のチタン印鑑は全て純チタンを使用しており、その性質は錆びにくく、耐食性に優れた素材です。海水中でも錆びませんし変色もしません。熱にも強くて鉄の融点よりも高い約1,670℃にならないと溶けません。故に災害等にも強い材料とも言えます。

■捺印性
チタンは粒子そのものが超微粒なので、印材に最適です。表面が滑らかで朱肉が均一に付着する為、捺印時の曲がりがなく、より鮮明な印影が得られます。

■デザイン性
チタンは見た目の輝きから、高級感溢れる素材です。その優れたデザイン性を活かし、リング、眼鏡、ブレスレット、ネックレス、腕時計など幅広く利用されています。

■安全性
チタンはノンアレルギーだと言われており、無毒で生体適合性に優れた素材で人工骨、人工歯根、心臓ペースメーカー等の医療器具にも利用されております。

象牙は、環境保護の面で輸入規制や管理が厳しく、大変高価です。象牙を「持つ喜び」や「芸術性」「希少性」という面ではチタン印鑑よりも優れていますが、印鑑の本来の目的に関していえばチタン印鑑に勝る特性は無いようです。

★★チタン印鑑の種類★★------------------------

金属だから表面処理も自由自在。鏡面仕上げやブラスト仕上げ、カラー塗装、ジュエリー付きなど多数あります。
販売店によっては、そこでしか買えないオリジナル印鑑名だったり、他店と同じ印鑑でも販売店によって商品名が違う場合がありますのでご注意ください。

シルバーで一番ノーマルな印鑑

人工、合成、天然などの宝石・輝石・スワロースキーをアタリ位置に埋め込んだお洒落な印鑑。
自分の分身に傷をつけるという意味で嫌われることもあります。

【チタン印鑑専門店】全品最短即日OK!送料無料|チタン印鑑スクエア
http://titan.hankoya.com/
で販売されているのは、こんなにバリエーションがあります。

宇宙開発技術の一環で開発された最先端技術『イオンプレーティング』を採用したプレミアムチタン印鑑シリーズ。

宇宙開発技術の一環で開発された最先端技術『イオンプレーティング』を採用したプレミアムチタン印鑑シリーズ。

捺印性・耐久性に優れた丈夫なチタン印鑑。持ち手部分にはカーボンを使用しています。
カーボンの繊細な網目は、角度によって織り柄が変化する独特の風合いが魅力の素材です。

カラーは、陽極酸化法を用いた光の反射角度の違いから、さまざまな色に発色しております。

バリエーションは6種類。 シルバーの光沢が美しい鏡面仕上げ、ミラー。海を思わせる落ち着きあるブルー「アクア」、華やかなピンクカラー「キューティベリー」、淡いブルーが爽やか「シーマスター」、黄味がかった上品なグリーン「シャンパンライム」、存在感抜群のイエローゴールドカラー「クラウン」です

象牙の様な希少性のある芸術的価値は少ないですが、チタンも芸術性の高いものが今後増えてくるでしょう

★★チタン印鑑の重量---------------------

捺印時の重量感はどうなんでしょうか?
私の主観としては、軽い印鑑は書類に強くぐいーっと押したくなりますが
チタン印鑑は重みのせいか意識しなくても鮮明に押せました。

◎チタン重量の目安
サイズ 重量
10.5mm×60mm 約 24g
12.0mm×60mm 約 32g
13.5mm×60mm 約 39g
15.0mm×60mm 約 49g
16.5mm×60mm 約 59g
18.0mm×60mm 約 70g
21.0mm×60mm【角印】 約 119g
24.0mm×60mm【角印】 約 153g

<参考>
・柘(あかね)の印鑑の重さ
10.5mm×60mm 約 5g
12.0mm×60mm 約 6g
13.5mm×60mm 約 8g
15.0mm×60mm 約 10g
16.5mm×60mm 約 12g
18.0mm×60mm 約 15g
21.0mm×60mm【角印】 約 19g
24.0mm×60mm【角印】 約 28g

・黒水牛の印鑑の重さ
18.0mm×60mm 約 18g
・白牛角・オランダ水牛
18.0mm×60mm 約 20g
・象牙の印鑑の重さ
18.0mm×60mm 約 27g

さらに重量感が気になる方は、
硬貨の重さで想像してみて下さい。
●おおよその硬貨重量
1円硬貨‥1g
5円硬貨‥3.7g
10円硬貨‥4.5g
50円硬貨‥4g
100円硬貨‥4.8g
500円硬貨‥7g

印面15mmのチタン印鑑は、100円硬貨10枚
印面18mmのチタン印鑑は、100円硬貨15枚
とほぼ同じ重量です。

★★チタン印鑑の彫刻方法★★------------------------

一般のハンコ屋さんでは難しかった金属印鑑の彫刻ですが、今では街のはんこ屋さんでも徐々に彫れるお店が出てきました。材質は同じチタンでも彫刻方法によって見栄えが変わります。

◎ チタン (彫刻針で作成)

チタン専用彫刻機でお名前をお作りします。印面の底に彫刻針の彫った模様が出ています。

【注意】上の彫刻した印面(中村)はこの機械で彫刻したものではありません。
あくまでも彫刻方法のご紹介です。

◎ チタン (NC工作機で作成)

1 2





rororon39さん

わたくし印鑑業界ウォッチャーです。にゃんだか (・∀・)イイ!!はんこ はどこかいな。