1. まとめトップ

都立昭和高校の進学実績の伸びが「異常」と話題

新校舎と進学校としての学校改革で評判が高まる都立昭和高校の学校生活や校風、教育の情報をまとめました。2020年度入試対応。

更新日: 2019年09月13日

3 お気に入り 60857 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kurumisawaさん

■いったいどこまで伸びる!? 国立大合格数が9名から54名に6倍増

「今、都内で最も伸びている進学校」と言われているのが、都立昭和高校です。国立大学の合格数の伸びが全都でトップを記録しています。
2014年 9名
2015年 13名
2016年 18名
2017年 31名
2018年 37名
2019年 54名!!

2019年は、ついに国立大学の合格数が50名台を突破!しかも、54名の合格のうち、現役合格が51名を占めるという、国立大合格数50名以上の進学校の中では全都トップの現役率の高さ!「現役で国立大進学を目指すには最高の環境」といえます。難関私大も過去最高の数字です。2019年は、明治大、立教大、中央大、法政大、青山学院大、早稲田大、慶應大でいずれも過去最多合格を達成。難関私大の強さも際立つようになってきました。

■都立昭和高校、偏差値急騰で4年後には「国立大80名合格」も確実

Vもぎ、Wもぎによると、2020年度の高校入試に向けて、都立昭和高校の人気がうなぎのぼりに上昇しているようです。元々、新校舎、昭高祭、白馬移動教室といった目白押しの行事や、大学進学サポートの充実で評判が高かったうえ、2019年の国立大50名合格のインパクトで、偏差値60オーバーの第一志望者が増えています。4年後には国立大80名合格も現実味です。

■新校舎が凄すぎる! まるで大学のキャンパスのような学校生活!

吹き抜けの明るい図書館!数万冊の蔵書があり、古い本から、最新の新書、雑誌、新聞、パソコンなどの機器も備え付けられています。自習スペースとしても最高!

違います。昭和高校のカフェテラスです。こんなにお洒落な施設があるなんて素敵!

友達と一緒に勉強をしたり、お喋りしたり、お弁当を食べたり、本を読んだり、自由なスペースが広がっています!

体育館や広い校庭だけでなく、部活動の練習スペースが確保されているのも嬉しいですよね。

■「国立大やMARCH以上を目指すなら昭和」 大学進学の面倒見

「塾に頼らなくても、高校だけで大学受験対策ができる」と評判の昭和高校。夏期講習や冬期講習は、昨年度は111講座が開講されました。「国立大対策数学」や「MARCH英語長文」といった志望大学別、レベル別の講座が用意され、担当の先生の名前を見ながら、自由に取ることができます。こんなにあるのに、全てが完全無料なのがすごい!(写真は昭和高校の講習の様子。超少人数だから質問しやすいと評判)

写真は、とある予備校の自習室…ではありません。都立昭和高校の自習室です。土曜日や夜まで開かれていて、集中して勉強ができます。奥にはびっしり、全国の有名大学の赤本の過去問集がずらり!さすが伸びている進学校!

個別ブースの自習室、吹き抜けの図書館と共に、人気勉強スポットが白馬ラウンジです。写真は、定期テスト直前期のラウンジの様子です。勉強中の生徒たちでいっぱい!定期テスト前になると、勉強するのが当たり前の雰囲気があるのは、素晴らしいですね。

通常授業の様子です。ホワイトボードだから、塾のような気がしますが、少人数制のレベル別授業の教室です。差のつきやすい英語や数学は、学力によって「応用」や「基礎」の授業に分かれます。得意科目は、難関大入試を早期から意識した内容に、不得意科目は、基礎・基本を徹底した授業。まるで塾のようなきめ細やかさで、質問がしやすい、すぐに授業で当たるという声をたくさん聞きました。

学校内は最新のICT機器が多く、プロジェクターを用いた授業が多いのも昭和高校の特徴。東京都からアドバンス校に指定されているため、日比谷、西、国立といった難関高校での指導経験のある先生も多く、定期的に都立進学校との入試情報研究会を開いています。(写真は、昭和高校での特別授業の様子。まるで大学の授業みたい!)

■関東・全国大会出場の強豪がズラリ! 昭和高校の部活動が凄い!

出典ameblo.jp

西東京の都立強豪校といえば日野高校が有名ですが、昭和高校も負けてはいません。ベスト8やベスト16入りの経験も豊富で、西東京で有数の強豪校とえます。「野球部で甲子園を目指しながら、大学進学も果たしたい!」なら、都立昭和高校がおすすめ!

昭和高校の陸上部は都立屈指の強豪。関東大会出場の常連です。本気で関東、全国を目指すなら昭和高校の陸上部へ!

多摩地区の中でも活発なことで知られる都立昭和高校の吹奏楽部。東京都高等学校吹奏楽コンクールでは見事に金賞を受賞しています。

■都立昭和高校を代表する超有名伝統行事「白馬移動教室」!!

昭和44年の始まり以来、都立昭和高校を代表する行事として50回以上の歴史を誇る「昭和高校独自の名物行事」です。数十年前の卒業生から、現在の卒業生までもが、「白馬移動教室が最大の思い出だった!」と語るほどの、昭和高校の大切なアイデンティティ。入学したての昭高生は、まずはこの行事が、一番の楽しみになりますよ!

「白馬での日々を通じて、昭高生になる」
「白馬マジック」

そんな言葉が語り継がれるのも、白馬移動教室の特徴。この行事を体験するまでは、真の昭高生ではない!とも。どんな行事かは、実際に入学して、体感してください!

■都立昭和高校の一大行事「昭高祭」はお祭り騒ぎに!

昭和高校最大の行事!学校がお祭り騒ぎになる一大イベント!

人気校の昭和高校には、年に一度の一般公開行事とだけあって、大勢の人たちが来場します。

たくさんの来場者を相手に、各クラスが自由な発想で創ったイベントや団体を立ち上げます。高校生活最大の思い出になること間違いなし!

1 2