1. まとめトップ

夏休みの宿題、最後の砦…「読書感想文」にみんな頭を悩ませている

夏休みの宿題の中でもやっかいなのが「読書感想文」。どの本を読めばいいのか?読んでも原稿用紙を埋めるほどの感想が湧かない。そして、つい後回しにしてしまいがちです。みなさん読書感想文はもう終わりましたか?

更新日: 2015年08月30日

57 お気に入り 57096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

かげとりさん

◆夏休みの手間のかかる宿題といえば「読書感想文」

夏休みの宿題のなかでもやっかいなのが「読書感想文」

どの本を読めばいいのかわからない。

読んでもつまらない、それ以外の感想がない。

何を書けばいいかわからない。

苦手な人にとっては夏の魔物です。

▼結果、最後まで放置してしまいがちです

そういえばやってなかった…。

それが読書感想文。

読書感想文終わってない人いるのかな〜?何もやってないからちょっと焦り テストはもうどうでもいい

それよりも…最後の壁があるんじゃあ! 読書感想文という壁がT^T

宇都宮に来てから気づいた。 読書感想文やってない

▼とりあえずみんなに呼びかけて反応を見る

まずはこの不安をなんとかしなくては…。

「誰か、いませんかーー」

▼そしたら、本を読むところからスタート!

▼多少の脚色は想定の範囲内です

【脚色】(きゃくしょく)
脚色とは事実を面白くするため色づけすること。

面白く読んでもらうためには脚色が大切…。

むしろ相手は脚色されることを望んでいる?

読書感想文で自分の気持ちに嘘をつくのはよくあること。 思ってもないこと、心にもないことを書いてきた。 しかし今回のようなケースは初めてだ。 その本に書いてないことを想像して、無理やり感想を書こうとしている。

中学生が読書感想文にどんなこと書いたらいいか相談してきたから「多少の脚色はあってもいいから、例えば自分も作中の人物と同じ体験をしたことがあるとして、想像を膨らませるのもアリかな」って言ったら、「私も小学生の頃コレラにかかったことがあります」って過酷すぎる体験記が出来上がってて草

次女「お母さん、読書感想文は起承転結にした方がいいよね。」、私「うーん、それもいいかもしれないね」、次女「そして謎に包まれて終わるっていうのもいいのね。」、私「えっ?読書感想文だから謎で終わらない方がいいんじゃないの?」、次女「そう?」。 多分彼女、将来POP書くの得意だ。

▼奇跡のコラボを生み出す人たちも

ああ、これですか?

これは「コラボ」です…。

幼馴染だけど通う学校違うから読書感想文ばれないのをいいことに「コラボしよう」と丸写しし合う高校生

1 2