1. まとめトップ

戦後70周年の2015年。戦争ってなんだろう?を考えさせられる作品・展示会など

集団的自衛権や「積極的平和主義」に関するニュースが非常に多いですが、まず「戦争」とは何なのだろう?ということに立ち返る機会を与えてくれる展示会や映画、作品などを集めました。「戦争」とは何なのでしょうか?

更新日: 2015年08月25日

0 お気に入り 767 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

matsuko3さん

集団的自衛権や「積極的平和主義」に関するニュースが非常に多いですが、まず「戦争」とは何なのだろう?ということに立ち返る機会を与えてくれる展示会や映画、作品などを集めました。「戦争」とは何なのでしょうか?

展示会

8月31日(月)まで
開館時間:10:00〜16:30
入館料:一般500円、大高生300円、小中生200円

2015年6月6日(土)~9月6日(日)
午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分)
※毎週水曜日は休館(ただし、7/22~8/26の水曜日は開館)

こちら写真を転載できませんでしたが、非常にいい企画のようなので、オススメです!
戦争と平和——伝えたかった日本
主催:IZU PHOTO MUSEUM・一般財団法人日本カメラ財団
2015年7月18日(土)―2016年1月31日(日)

2015年7月18日(土)~9月23日(水・祝)
 前期・後期で一部展示替えがあります。
 前期:7月18日(土)~8月23日(日)
 後期:8月25日(火)~9月23日(水・祝)
午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで

開催時期:7月11日〜10月18日

企画

映画

<戦後70年企画>
第一部:7/26(日)~8/8(土)
第二部:8/12(水)~25(火)
第三部:9/12(土)~18(金)

作品

日本のメディアの視点についても知りたいですね

2014年7月1日、「新3要件」のもとで集団的自衛権の行使を認める閣議決定を行いました。
この新たな方針に沿って整備された新たな法案は、2015年5月14日に閣議決定されます。

国会における法案の審議では、野党が激しく反発。
国会で憲法学者が法案は違憲であると批判したことなども背景に、
報道各社の世論調査をみても、法案に対する国民の理解は決して広がりませんでした。

しかし、政府は法案の審議は十分尽くされたと判断。
2015年7月15・16日に委員会および本会議で採決し、法案は衆議院を通過しました。

これから法案の審議の舞台は参議院にうつりますが、
仮に参院で審議が進まなくても、衆院で再可決し成立させるルールがあるため、
この法案は今の国会で成立する見通しとなっています。

1