1. まとめトップ

え!?現役女子大生が起業した社会貢献型グルメアプリとは?

お店を予約する事で、社会貢献になるというグルメ検索アプリ「テーブルクロス」とはどんなものなのか?

更新日: 2017年05月26日

seshi8391さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 7416 view
お気に入り追加

お店の予約をする事で社会貢献ができるという?

一体、どんなアプリなのか?

株式会社テーブルクロスより、リリースされている飲食店検索アプリ。

アプリを開くと、このように登録店舗の場所が表示される。

「ラーメン」で検索してみました。

ん?
何か普通の検索アプリな気が・・・

秘密はその仕組みにあった!

アプリを通してお店を予約

予約1名につき、そのお店がテーブルクロスに180円の広告料を払う。

テーブルクロスがその収益から、途上国の給食代に!

なるほど!

テーブルクロスは、飲食店を検索・予約することができる飲食ポータルアプリです。

主な特徴は、テーブルクロスを通じた1名の予約につき途上国の子供1人分の給食が寄付される予約チャリティーアプリであることです。

ユーザーの方はもちろん無料でアプリを使えるので、金銭的な負担がなくチャリティーに参加できる、新しいチャリティー活動のカタチを実現しています。

誰にとってもメリットがある。

○無料でアプリを使える。
○クーポンなどの割引もある。
○気軽に社会貢献活動ができる。

誰かの役に立っていると思うと、
ビールも美味しくなる!

○初期費用、月額固定の広告料は無料。
○アプリ経由での予約に対して、広告料を支払う。
○完全成功報酬型
○そのお店のCSR活動としてアピールできる。

某大手グルメサイトは、掲載費用が月額固定費なので、非常に合理的。

飲食店側は初期費用や月額固定の掲載費用が無料の完全成功報酬型のビジネスモデルです。1名の予約につき180円を支払う仕組みなので、リスクなく集客をできるサービスです。この180円の中の一部が途上国の子供の給食として寄付されるので、飲食店にとってもCSR活動になる嬉しいサービスなんです。

食料不足で苦しむこどもたちが、給食で救える!

提携している団体などを一部紹介

事業内容:飢餓と貧困の撲滅を使命に活動。
「レッドカップキャンペーン」を通じて子どもたちに学校給食を届けています。

事業内容:教育によって、人間の尊厳を守る能力を育て、アジアの子どもたちが未来へ向かう力を得る手助けをする。
ESAは、バングラデシュとインドの子どもたちが、貧困と差別を乗り越えられる教育環境作りを目指しています。

アプリ自体の機能もいろいろと充実している。

SNS連携などを通じて友達に紹介すると、友達が予約した際にはマイページのエンジェルカウンターにチームで支援した給食数としてカウントされます。

間接的ではありますが支援に関わった喜びが増えるので、友達にどんどん紹介したくなるサービス設計なんです。

ところで、これを作った社長さんはどんな方?

ところが!?

1 2





いろんな事をゆる~く調べてまとめていきます。趣味や仕事上でのまとめなどが多いですが、気になった事はジャンル問わずまとめていきます( ・`д・´)