1. まとめトップ

《夏休みの宿題》読書感想文がスラスラ書ける最短の方法・コツがあった!【小学生・鉄則・簡単】

毎年どう書いて良いか悩む読書感想文の宿題ですが、すらすら書ける方法ががありました。

更新日: 2019年09月15日

8 お気に入り 6056 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yhf.japanさん

▶︎ 1日目:本を選ぶ

▶︎ 2日目:本を読む

本を通じて
自分が何を感じたか?
何を学んだか?
何を疑問に思ったか?
そんなことをメモとして残していきましょう。

▶︎ 3日目:構成を考える

読書感想文の構成は、「書き出し」「本文」「結論」の3部構成が書きやすくて、おすすめです。

学校や先生によっては「あらすじ」は必要ない、とされる指示がある場合があります。それらの場合は当然書かないのが賢明ですね。

▶︎▶︎ A.書き出し

書き出しについて、特に重要視することは 読んだ後に、あなたどう変わったのか?
これを書くことで、読み手の心を
釘付けにすることができるのです。

例えば、『この本で僕は、人の命の尊さを学び、生きることの素晴らしさを、学ぶことができました。』
『この本を読んで、地球環境への意識は今まで以上に大きくなりました。』
『彼(主人公)の壮大な志は、夢を追いかけることの大事さを僕に教えてくれました。』

などなど、その本を読んで、あなたがどのように変わったのか?それを一言で伝えることで、より魅力的な書き出しが、書けるのです。

▶︎▶︎ B.本文

◆掘り下げていく感想1(面白いと思ったところ、感動したところ等の体験を具体的に)
◆掘り下げていく感想2(1とは異なる印象に残ったことや考えさせられた事等を具体的に)

メモの内容にかんして、じぶんならこう思う、じぶんならこうする。そして自分はこうしている。を繰り返し、繰り返し、文章にしていきます。

課題をだしてきた相手が、この本を読んで何を感じて欲しいのかを想像しながら書くと、上からの評価アップにもつながります。

出だし「印象に残ったことと自分のコメント」
 本文1「自分の体験」
 本文2「作品の解釈」
 終わり「心の変化や成長」

▶︎ 4日目:原稿用紙に書く

1 題名は上に2、3マス開ける。二行目に書く場合もある。
2 名前は題名の次の行に、下詰めで。1、2マス下に空ける。年組番号と氏名の間、名字と名前の間にはそれぞれ1マス開ける。
3 始まりの行は1マス開ける。
4 改行した後は1マス開ける。
5 会話文では改行する。1マスは開けなくて良い。(会話文以外の「」は改行しない)
6 「 」 。 、 ! ? などは1文字分。
7 。」は1マスに入れる。
8 ―― ・・・・・・はそれぞれ2マス
9 引用文は1文字下げるか、「」を使う。
10 句読点、閉じかぎ、々などは行頭にもってこない。
11 数字は漢数字を用いる。

1