1. まとめトップ

英会話教材 徹底比較 【初心者でも効果的な教材を探る】

英会話を勉強したい! でも、本やCD/DVDやアプリなどが多すぎて、何を選べば良いかわからない。そこで、流行っている教材を徹底比較します。●効果、●学習時間の融通、●楽しさ・モチベーション、●期間(効率)の4つの観点から、英会話の初心者にとって最適な教材を見つけたいと思います!

更新日: 2017年02月28日

yugoigoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 75391 view
お気に入り追加

英会話をマスターするための最適な教材を調べてみました!

英会話の初心者にとって、英会話ができるようになるための最適な教材って何でしょうか?

私はもともと英語が大の苦手でした。
しかし、仕事でどうしても海外に行かなければならなくなり、長い時間をかけて、現場で少しずつ身につけていきました。
今でもお世辞にも流暢だとはいえませんが、日常の会話であれば、ほとんど困ることはありません。

私が勤めている会社は国内にありますが、時々外国人の来客が来ます。
20代の社員は片言ながら、なんとなくコミュニケーションできている人が多いのですが、
30代以降の社員のほとんどはひどいものです。

片言どころが、発する単語すら意味を間違って使っていたりします。

同期もほとんど英語を話せないのですが、皆、興味は持っていて、
なんとか数年以内に、英語で外国人とコミュニケーションがとれるようになりたいと思っています。

同期の集まりで、全員から英会話を身につける方法のアドバイスを求められ、
せっかくの機会なのでと、調査することにしました。

あくまでも、
「国内で英会話を身につける」ということを前提に調べてみました。

各教材の評価ですが、5段階(★★★★★)でつけています。
(あくまでも、私が判断した評価です。)
参考になればと思います。

※ 評価は、リスニングとスピーキングで出しています。 
英会話の要素がその2点ですので、片方に偏ったものではなく、バランスの良い教材が重要だと思うからです。

♦ 本(書籍)の評価

(1)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

まず、はじめに考えられるのはやはり本ではないでしょうか。

なんと言っても費用が安い!

しかし、私の学習経験をもとに、書店で色々な本を試してみましたが、
英会話を学ぶのに最適な本が見つかりませんでした。

その理由は、

●本という限られた紙のスペースでは情報量に限界がある。
●その情報量を増やそうとしている本は、非常に見にくく、使いづらい。
●そもそも英会話は英語を聞く量が重要であるのに、CDの枚数があまりにも少ない。
●本でカバーできるのはむしろリーディングの力である。

一応、英会話の書籍として検索すると次の2冊の本が非常に人気があったため、
ひとまず、分析することにしました。

【学習にチャレンジ!】

評判が本当かどうかはやってみないとわからないため、
まずは実際に学習してみることに。

本を見ながら試してみると、言いたいことを瞬時に英語として口から出すことの難しさがよく分かりました。

そして、実際にCDを使って練習もしてみました。
すると、正しい英文をあとで言ってくれるので問題の正解は分かるのですが、
「CD自体が学習するために考えられて作られいない!」
というのが私の感想です。

覚えて、身につけないといけない英文が、
頭に全く入ってきません。

つまり、CDがトレーニング用になっているのではなく、
単なる「テスト用」になっているからだと思います。

私も海外で経験しましたが、
正しいフレーズ、正しい発音を何度も繰り返して練習することが英会話を身につけるためには必要なのですが、この本では、そこは意識されて作られていないのでしょう。

残念ながら学習の効率性、効果はあまり求められないと感じました。

それと、学習の進み方も気になりました。
文法的な要素で区別されていて、
中学1年から3年へと順を追って学習していくので、
それぞれの学習する文には相関性や共通項が少なく、
バラバラなテーマでの学習ですので、非常に覚えづらく感じました。

私が昔、英語嫌いになった、文法的な学習方法です。

文型を繰り返し、練習することで、型を覚えていくという古来のやり方に感じました。

確かに、何百回も繰り返せば、誰でもある程度は覚えられるとは思いますが、
ひとつのCDトラックに多くの文が詰まって入っているので、
文単位で繰り返して練習することが出来ずに困りました。

総合すると、あくまでも私の判断ですが、
レビューが高評価だっただけに期待していたのですが、
内容もまったく面白味を感じることができず、
文法テキストの応用編?という感じでしたので、
かなり残念に思っています。

【評価】

リスニング  1 ★
スピーキング 4 ★★★★

結論でいうと、安いのは確かですが、買う価値があるかというと、
英会話の中級者レベルであれば、通訳の練習のためにはいいかもしれませんが、
初心者にはかなり使いづらい教材(本)だと思います。

これは、私の同期たちの学習にはなしです。

(2)ネイティブ英会話フレーズ集3240

【学習にチャレンジ!】

こちらはシーンごとの会話なので、イメージがしやすいと思いました。
やっていて、なるほどと思う表現もそれなりに多かったです。

しかし、こちらのCDが最悪でした。

日本語の直後に間髪入れず英文が流れ、
これが次から次へと流れてきます。

これでは、正しい文章を確かめることも、
覚えることもできません。

このCDは何のためにあるのでしょうか?

残念ですが、
発音を確かめるためだけのCDとしか思えません。

英会話をマスターするためではなく、
表現集として、辞書の代わりに持っておくのであれば、
良いかのではないかと感じました。

【評価】

リスニング  2 ★★
スピーキング 2 ★★

~ 本(書籍)のまとめ ~

人気のある2つの本を中心に、色々と試してみましたが、
「英会話を身につける」という点においては
非常に時間がかかり、効率的でないと思いました。

しかも、正直、ほとんどの人が途中で飽きるでしょうし、
最後まで学習できる人はいないのではないかと思っています。

まずは、安く、英会話に触れてみたいという人で、
非常に根気のある人であれば、試してみるのも良いのではないでしょうか。

♦ 英会話教材の評価

英会話教材と調べるとグーグルでもヤフーでも、山のように出てきます!

「英会話」に関したら、書籍よりも教材の方が売れているのかもしれませんね。

きっと、書籍では英会話の学習方法などは伝えられるのですが、
学習自体をプログラムとして提供するには向いていないのかもしれません。

書籍は値段の幅に限界があるため、テキストの質やら、CDの枚数やら、
制限があるのでしょう。

それに対して、英会話教材は値段の幅も非常に大きく、教材の中身(量)も様々です。

それぞれが独自の意図があるからなのでしょう。

英会話教材って、こんなに沢山あるんです!(もっとあると思います)

さらっと有名どころを調べただけで、こんなに沢山の教材が見つかります!

(1)スピードラーニング
(2)エブリデイイングリッシュ
(3)七田式 7+English
(4)ネイティブイングリッシュ
(5)スピークナチュラル
(6)リッスントーク
(7)1000時間ヒアリングマラソン
(8)アリスの英語
(9)リスニングパワー
(10)30日間英語脳育成プログラム
(11)Hapaトラベル英会話

これらを検証するために、
サンプルを取り寄せたり、友人に借りたり、自分で購入して、
出来る限り体験しながらまとめていきます。

(1)スピードラーニング

石川遼君で有名な、誰でも一度は聞いたことがある英会話教材です。

やはり、強烈なイメージのある言葉が

「聞き流すだけ」

ですね。

スピードラーニングを購入し、やってみました。

このように、1ヵ月にCD2枚とテキスト1冊、
月間で薄いお知らせの紙が一枚入っています。

初めの頃は教材が来るのがウキウキするのですが、
全部終わっていないのに、
次々とくるようになり、
だんだんと、恐怖感に変わりました。

ゴミのように増えていくのに、
お金ばかりかかっていると思うと。

でも、やめられないのです...

➡ スピードラーニングの感想と評価

【感想】

・英語の後に日本語が来ることで、意味はわかるのですが、
 聞けた感じになってしまって、実際にきちんと聞けるようにはなっていない。

・English OnlyのCDもありますが、初心者にはかなり高いハードルのCDです。

・無料の外国人とのフリートークですが、5分ほどバ~と話され、意味が分かりませんでした。
 学習したところと連結したものでないので、予習にも復習にもなりません。 
 
・バックミュージックにクラシックが流れているのですが、 
 英語に集中すればするほど、音楽が耳障りになります。 


【評価】

リスニング  3 ★★★
スピーキング 2 ★★

明らかに、初心者には向いていない教材です。 

口コミでも、体験者が皆、口をそろえているように
聞き流すだけで英語は聞けるようにはなりませんし、
絶対に話せるようにはなりません。

この教材は、完全に中級者以上で、最近英語に触れていないから
耳慣らしをしたいというような人には向いているかもしれません。

それにしても、学習期間が長すぎて、高すぎる気がしますが。

(2)エブリデイイングリッシュ

こちらは、セインカミュさんが広告している教材です。

何年連続「日本一」という数字を前面に出して宣伝しているので、
ついつい、すごい教材なのかもと思ってしまいますよね。

しかも140万人がやっているって・・・
考えただけですごい数です。

➡ エブリデイイングリッシュの感想と評価

1 2 3 4





yugoigoさん

気になったことを徹底検証して、まとめます。情報は裏づけと正確さが重要なので、自分で見たり、聞いたり、試したりしながら、信頼性の高い検証をしていきます!