1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

台風でパネルが吹き飛んだ!各地の太陽光発電が大変なことに…。

強い「台風15号」。沖縄・九州地方を中心に猛烈な風と雨が…。この台風の影響で各地の太陽光発電パネルが吹き飛ぶ事例が多発!太陽光パネルを設置するなら、台風対策は必須のはずですが。また、個人の住宅についている太陽光パネルでも被害が続発!住宅に太陽光パネルを取り付けた後のトラブルが多発しています。

更新日: 2016年01月04日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 174913 view
お気に入り追加

強い「台風15号」。沖縄・九州地方を中心に猛烈な風と雨が…。

台風15号は8/25、熊本県荒尾市に上陸し、九州北部を縦断後、日本海に抜けました。

激しい風と雨を伴い、各地でけが人も。

各地に大きな爪痕を残しました。

8月までに3個の台風が上陸したのは2004年以来、実に11年ぶり。強い台風15号は25日午前6時過ぎ熊本に上陸、九州北部を縦断し各地で猛威を振るいました。

この台風の影響で各地の太陽光発電パネルが吹き飛ぶ事例が多発!

ちと雨風弱まってきたから太陽光発電のとこ来てみた。 ………ちょwww pic.twitter.com/1aBSIZCNWv

福岡県行橋市では太陽光パネルが強風にあおられて壊れた…。

基礎してねーじゃんコレ… 台風来たら吹っ飛ぶに決まってるじゃん。 各家に被害出てるから集団訴訟の流れあるかもしれん。 新車でヴェルファイア購入したにーちゃんとか激怒なうやで。 pic.twitter.com/tnqUaLQ4Sm

太陽光パネルを設置するなら、台風対策は重要なのですが…。

台風は年に数回必ずやってきます。突風や竜巻もどこで起こっても不思議ではありません。

ですから太陽光発電は、猛烈な台風時の強風でも大丈夫のように設計するのが必須事項です。

太陽光発電は、猛烈な台風時の強風でも大丈夫のように設計されています。

台風によって、屋根に設置している太陽光パネルが飛ばされてしまわないのか心配になると思いますが、日本国内で販売されている太陽光システムは、風速60mの暴風雨にも耐えられるように設計されています。

大型の台風と呼ばれるものでも、風速50mを超えるものはほとんどありませんので、台風で太陽光パネルが飛ばされてしまう心配はありません。

九州電力の変電所の敷地に併設してあった太陽光パネル。基礎はこうじゃないと。 pic.twitter.com/9n4kTOg8f6

では、なぜパネルが吹き飛ぶ事例が多発したのか?

きちんとしたメーカーの指定した工法を遵守していることが重要。

今回の事例で言うと、コンクリートの基礎もなく、簡単な杭を地面に打ち込んで固定しただけのよう。

これでは、簡単に倒壊してしまします。

太陽光パネルを設置したからといって、地震や台風による被害を心配する必要はありません。

ただし、あくまでもメーカーがマニュアル化している設置工事基準を順守して取りつけ工事が行われた場合の話しです。

どれだけ販売店が強風に耐久するといっても、施工方法が異なっていれば、それはまったく意味のないことになってしまうからです。

(`ω´)自然災害に太陽光発電設備のモロさが露呈している件。。。

投資額が少ない太陽光パネルが一時期量産されまくってたけど、大半はこの固定形式だから地雷なのよね 地質調査から基礎組成までやってたらあの金額で出来る訳ないもの 契約時に約款渡されてる筈だから、責任は全部設置場所の所有者にいくよ 保険入ってなかったら人生終わりやね

一方、個人の住宅についている太陽光パネルでも被害が続発。

住宅に太陽光パネルを取り付ける際には注意!?トラブルが多発しています。

太陽光発電を設置する方が増えるに比例して、トラブルも増加傾向にあります。

パネルが強風で吹き飛んだり、工事をしたら雨漏りが発生した多くのクレームが寄せられているようです。

特に多いトラブルは雨漏り。

太陽光発電は架台というパネル取り付けのための専用の台を固定するために、屋根に穴を開けます。

雑な工事をする業者であると屋根の構造を理解していないなど、間違ったところに釘を打ち付けてしまうなどのおそれがあり、後々、雨漏りの原因になることもあるようです。

屋根や住宅に関する知識を持った業者かどうか?
雨漏り保証はあるかどうか?
もしも雨漏りしたときの責任の所在は明らかか?

ちゃんと確認が必要です。

雑な工事をする業者だと、後々雨漏りなど深刻な問題が発生する場合があります。

設置工事を行う業者は、必ずメーカーから指定工事許可を取っている業者であるか確認しておきましょう。

業界全体で見ると雨漏りトラブルは多発しています。
要因は工事者の技術不足が最も大きいです。太陽光発電システムの急激な普及に対して工事業者が不足し、知識や経験が不足している工事者が現場で作業しているというのが業界の現状です。

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。