1. まとめトップ

なんかスゲー!YouTube独学でやり投げ「金メダル」を獲得したケニアのジュリアス イェゴ。

24日に行われた男子やり投げで決勝に残った新井選手に注目をしていたが、それを上回るケニアの「ジュリアス イェゴ」選手。実は独学でやり投げを学んで金メダルを獲得したので注目の選手になっちゃった

更新日: 2015年08月27日

0 お気に入り 7439 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomomo-nさん

ノーマークだったケニアの「ジュリアス イェゴ」

歴代3位の記録を出した凄い選手

91メートル39の今季世界最高で優勝したが、一度はファウル(無効試技)とされた判定が覆されて公式記録と認められた。

イエゴは3投目、ヤン・ゼレズニー(Jan Zelezny、チェコ)が92メートル80をマークした2001年大会以降では最長となり、歴代3位の92メートル72を記録した。ゼレズニーは1996年に98メートル48の世界記録を樹立している。

ケニアがキタ━(゚∀゚)━!

YouTubeで独学あだ名は「ユーチューブマン」

イエゴは3年前のロンドン五輪で12位となったときにユーチューブを見てトレーニングをしたと話し、英国メディアでは「ユーチューブマン」とあだ名された。

やり投げのイエゴは指導者のいないケニアで動画を見ながら独学で練習して歴代3位の記録で優勝しちゃうとんでもない人

横浜が遂に最下位に転落した事実、イエゴのやり投げ90mスロー並のアンビリーバブル。ちょっとやそっとじゃ中日の座を奪う事は無いと見てたのに

ついにやり投げの世界記録が更新されたか。しかもイエゴって。ケニア人がやり投げの世界記録保持者ってそのまんまじゃないか。

やり投げのイエゴも大概化物なんだよなぁ。一人92mとかぶん投げてるしwwwお前グングニルでも投擲してんのかよwww

やり投げのイエゴ 動画見て、見よう見まねで はじめて金メダルとか どんな身体能力なんや

メダルの期待があった「新井涼平」選手は9位でした

1991年6月23日
埼玉出身
身長183cm
体重92kg

2014年仁川アジア大会銀メダリスト

小学生:ソフトボール
中学生:野球 

2007年世界陸上のテレビ放送で男子やり投のテロ・ピトカマキの投擲を見て夏休み後に陸上競技に転向

予選を2位で通過した新井涼平選手は、決勝の2投目、83メートルを越える投てきで、一時は入賞圏内の5位に。

予選A組でトップで期待されていたが・・・

新井は09年ベルリン大会銅メダルの村上幸史(35)=スズキ浜松AC=以来、日本人2人目の表彰台はならなかった。
 ▽1投目 80メートル81
 ▽2投目 83メートル07
 ▽3投目 ファウル

3投目まさかのファウル・・・(´;ω;`)ウゥゥ

男子やり投げ新井83.07mで4投目以降に進めないってLEVEL高すぎ! 4位ローラーの87.41mは過去の2大会なら金メダルの記録。 今回はあまりにLevelが高すぎた。

腰痛で苦しんでいたとは・・・

世界陸上入賞を期待されている種目だが、今季は腰痛で出遅れていて80メートル台を投げていない。

独学で学んだ「イエゴ」は次回の大会も楽しみだ

1