1. まとめトップ

【テラフォーマーズ】男前過ぎるロシアの軍神アシモフ

テラフォーマーズ、ロシア・北欧班班長の、男前過ぎるおじさんの、「ロシアの軍神」アシモフさん特集です。

更新日: 2017年02月27日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 46963 view
お気に入り追加

テラフォーマーズとは

火星のテラフォーミング用に放たれて人型へ進化したゴキブリ「テラフォーマー」達と、それを駆除するために特殊な手術を施された人々との戦いを描いたSF漫画。
火星を舞台に繰り広げられる、派手な能力バトルと、人間ドラマが秀逸な作品です。

かつて火星のテラフォーミングのために温暖化する必要があり、苔とともに火星に放たれて、苔を食べて大繁殖したゴキブリ(さらに人間大に成長&狂暴化)のことを作中では、テラフォーマーと呼んでいます。
このテラフォーマー達が人間に敵意を持ち、常に狙ってきます。

アシモフとは

シルヴェスター・アシモフ
アネックス1号の幹部乗組員(オフィサー)にして、ロシア・北欧第三班班長
国籍ロシア
年齢51歳
身長190cm
体重136kg
マーズランキング3位
手術ベース:タスマニアン・キング・クラブ

元々の軍人として鍛えこんだ強力な体躯に、カニの甲殻による絶大な防御力。
さらに手足が切れても再生するという、とんでもない前衛型のパワーファイターです。

柔道の達人です。

とにかくすごい剛力と、頑強な甲殻を持ち、バッタバッタとテラフォーマーを退治していきます。

元々の軍人としても高い戦闘力を誇り、地球では、ロシアの軍神とまで呼ばれていました。

手術ベース:タスマニアン・キング・クラブ

タスマニアオオガニ(通称タスマニアンキングクラブ)
甲幅が最大で60cmにも達し、体重も15kgにもなる巨大なカニで、脚を拡げた大きさではタカアシガニには及ばないものの、体重と甲羅の幅ではこちらに軍配が上がる。
甲羅は赤に黄色が混じり合った色で、ハサミの爪の先は黒。節足動物のハサミとしても最大級の大きさとなる。

専用武器

MARSランキング3位シルヴェスター・アシモフの専用武器。欠損した身体部位に埋め込むことで瞬時に再生させる。
本来アシモフは甲殻型で、強い再生能力を持っているので、名称通り、再生に必要なエネルギーすら欠けた時用ですかね。

活躍シーン

帰り道を捨てた男の強さはハンパないです。

若者に未来をたくす男前アシモフさんです。

名言

「何を思って殴りかかっている・・・仲間想いか?命令か?それともやっぱ俺らがキモいだけか?・・・俺はなゴキブリ共・・・俺の娘がU-NASAの病棟にいる。・・・たとえ一度退役しようと、一部の国民に石を投げつけられようと、『あの子が帰る祖国を』『衛る』。それを脅かすテロリスト共は、ウィルスだろうが、ゴキブリだろうが、古代文明だろうが・・・必ず見つけ出し、どこまでも追い詰め、たとえ便所に隠れていても息の根を止めてやる。」

1





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。