1. まとめトップ

上方落語を観るならココ|定席から地域寄席・定期的に落語会が開かれる施設等

上方落語を見たい聴きたいと思った時にどこに行けばいいのか。その場所をいくつかご紹介。繁昌亭(毎日開催)や動楽亭(月20日開催)のほかにも、様々な場所で落語会が定期・不定期で開かれてますので、場所で選ぶか、演者で選ぶか、一門で選ぶか、検討してどうぞ!!

更新日: 2016年12月19日

気散じ屋さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 31026 view
お気に入り追加

上方落語が見られる代表的な場所をご紹介

ここで紹介する施設以外にも、いたるところで、地域寄席やホール落語が開催されていますし、お寺や飲食店での会も多数ありますので、あくまで代表的なものと思ってください。

落語会そのものを探す場合は「ねたのたね2」が便利

天満天神 繁昌亭

地上鉄筋3階建、敷地面積591.06 m²、建築面積457.76 m²、延床面積589.93 m²。座席は1、2階の216席。

日本三大祭の一つ天神祭で有名な大阪天満宮を参拝して頂いて裏側、北へ抜けると、上方落語の定席、天満天神繁昌亭

上方落語協会所属の落語家が中心の寄席。
所属会社に関係なく、ほとんどの落語家さんは協会に所属しており、米朝一門の一部の方など協会に所属していない人もいますが、夜席などに出演することはあるようです。

◎最寄り駅
・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅4-B出口徒歩3分
・JR東西線「大阪天満宮」駅3出口徒歩3分

http://www.hanjotei.jp/

朝席 9:00 - 12:00
団体貸切公演、土・日・祝日は若手中心。

昼席 13:00 - 16:00
週替わりに、若手からベテランまでの落語を中心に入れ替わり立ち替わり登場。落語以外にも色物(漫才やマジック)も。

夜席 18:30(または19:00)- 21:00
独演会や一門会など各落語家が主催する会を中心に、独自の企画で開く。
(wikipediaより)

動楽亭

約100人収容でき「地下鉄動物園前駅に近いし“道楽”にも引っかけて」と動楽亭と命名

米朝一門のざこば師(桂米朝事務所)の作った寄席で、マンションの1室を劇場とした寄席です。外の階段から2階へ上がった所。玄関で靴をいで中に入って行きます。

◎最寄り駅
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」駅1番出口すぐ、コンビニ横の階段を2階へ
JR・南海「新今宮」駅より徒歩3分

昼席と夜席があり、
昼席は毎月1日から20日開催。14時開演。6人程度が出演します。
◎1~10日は米朝一門の噺家。
◎11~20日は他の一門を含めた噺家さんが出演。
料金2000/当日受付のみ

夜席は独演会や一門会などが開催されます。

http://beichoschedule.osakazine.net/c25359.html

道頓堀角座

「松竹芸能 DAIHATSU MOVE 道頓堀角座」が再開場した。座席数は全126席で、B1角座より幾分少ない。
建物については、当面は5年間の運用を前提としているため簡素な造りのものとされ、建築費の削減が徹底されている

松竹芸能の劇場。
漫才などもあるが、月曜日の夜に行われる「月夜はなしの会」など、落語に特化した会や、独演会なども。

基本的には松竹所属の噺家さんなので、
笑福亭一門や春団治一門の方が多い。

雀のおやど

米朝一門の枝雀一門の雀三郎師を中心とした落語会が行われています。
落語会開催していない日もありますのでご注意ください

◎最寄り駅
JR環状線「鶴橋」駅中央出口。千日前通りを渡り環状線沿いに30m
地下鉄千日前線「鶴橋」駅

http://www5b.biglobe.ne.jp/~jax/
http://www1.ezbbs.net/17/jakusan/

田辺寄席

地域寄席として全国最多の公演を重ねている大阪市阿倍野区の「田辺寄席」が21日、700回目の記念公演を迎えた

有名な地域寄席。毎月開催されています。
幹事役は5代目桂文枝一門の桂文太師。

地域寄席は他の地域、店などでも多数開催されています。代表的なものとして田辺寄席を。

◎最寄り駅
JR「南田辺」駅から徒歩約5分
近鉄「田辺」駅から徒歩約8分
地下鉄御堂筋線「昭和町」駅から徒歩約11分
http://www.tanabeyose.com/

トリイホール (TORII寄席・毎月1日)

落語家や歌舞伎役者、新派の役者などがお泊まりになる
老舗旅館「上方旅館」を前身としたTORII HALL(トリイホール)

上方ビル4Fにある約100席の劇場。
落語会の他、演劇や講談などの公演もあるのでご注意ください。また3Fの「千日亭」でも落語が行われることも。

毎月1日開催の「TORII寄席」
毎月1回開催の「島之内寄席」
その他、落語会などは不定期です。

◎最寄り駅
地下鉄「難波」駅または「日本橋」駅下車。なんばウォークB20出口より徒歩2分。

http://www.toriihall.com/index.html

上方ビルに祀られる龍神さんは、ミナミの活気を取り戻そうと桂米朝師匠の発案で祀ったと、以前、トリイホールの落語会で聞いたのですが・・・

一心寺

●一心寺二十一日落語寄席
(12、1、2月を除く。午後1時~)/南会所


また、一心寺シアターという劇場もあり、ここでも落語会が開催されることがあります。

高津宮 高津の富亭

1 2





気散じ屋さん

旅行・観光情報、特に大阪を中心にした情報をまとめたいと考えています。