1. まとめトップ

採取したひまわりの種は保管して来年また畑にまくか、食べる、油を搾るなどの利用法があります。

こうして集めた種は、いったん倉庫へ運んで乾燥機にかける。専用の機械はないので、これも汎用の平型乾燥機を使う。しっかり乾燥させないと保管中にカビが生えてしまうので、途中で何度も上下を返し、ムラなく充分に熱をあてる。乾燥すること約1週間、このあとは北竜町農産物加工センターへ運ばれ、ヒマワリ油、おつまみ用のナッツ、お菓子などに加工される。

採れた種は、天日干しで、良く乾燥させてください。
そうしないと、保存している間にカビがはえたりしてしまいます!

そしたら茎ごと花を切り、日中風通しの良いところに置き2~3週間くらい乾燥させます。この時、鳥が種を食べに来るので乾燥させる場所には注意してください。十分に乾いたら種を取り、袋に入れて涼しいところに保管し、また来年も立派なヒマワリを咲かせましょう。

採れた種は、天日干しで、良く乾燥させてください。2~3日である程度乾燥するそうです。(干す日数が多くても、乾燥し過ぎて使えないことはないそうです。

注意やヒント

収穫時期がちょっと早いと、写真のように、こすり跡がつき、種はとれません

根は抜き、茎は細かくし堆肥にしているそうです。
また、写真のように枝をとり乾燥させ、野菜などの添え木にも使えるそうです。

1 2