1. まとめトップ

DAIGO、涙の100キロ完走!24時間テレビ、ゴール直後瞬間最高視聴率34・6%!

DAIGO(ダイゴ、1978年4月8日 - )は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、タレント、俳優、声優であり、ロックバンド『BREAKERZ』のボーカルである。本名は内藤 大湖(ないとう だいご)。東京都出身。所属芸能事務所はエーチームグループ・A-PLUS(エープラス)。

更新日: 2015年08月27日

ateamgrouptdさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1648 view
お気に入り追加

歌手のDAIGO(37)が23日、毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(8月22~23日)でチャリティーランナーとして100キロマラソンに挑戦し、メインパーソナリティー・V6やHey!Say!JUMPら出演者が見守る中、東京・北の丸公園の日本武道館で涙を流しながらゴールテープを切り完走した。

DAIGOは22日の19時9分に某所をスタート。全国7606キロ、450人のランナーが北海道と沖縄からつないだ2本のタスキをかけ「PDです。パーフェクト(P)ダイゴ(D)」と引き締まった表情で意気込みを語った。

スタート直後はにこやかな笑顔で沿道の声援に手を振って応えていたが、次第に左足に違和感を感じるようになり、眉間にしわを寄せる厳しい表情へと変化。

23日の7時頃の休憩所では「想像以上にしんどい。自分の想像をはるかに超えた足の痛みだったり…。きてます」と改めて厳しい道のりを感じた。

気温も上昇し始めた10時30分頃には「ちょっとつらくなってきたので、こっからついに取ります」とトレードマークである革の手袋を外すと、11時30分頃にランニングタイツも脱いだ。

13時頃になると、暑さに加え両足の痛みが限界に到達。両ひざに白いサポーターが巻かれ、足取りは重くより一層、苦しい表情となった。

ついに武道館にその姿を現すと、割れんばかりの声援が鳴り響く中、たくさんの思いの詰まった重いタスキを見事につないでみせ、「まさに『HM』でしたね」と得意の“DAI語”で表現。「走りましたー!」と充実感を漂わせていた。

毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(8月22~23日)の平均視聴率が関東地区で15・4%、関西地区で14・8%だったことが、24日、ビデオリサーチの調べで分かった。

瞬間最高視聴率は23日午後8時44分、45分の34・6%。チャリティーランナーとして100キロマラソンに挑戦した歌手のDAIGO(37)が、メインパーソナリティー・V6やHey!Say!JUMPら出演者が見守る中、東京・北の丸公園の日本武道館で涙を流しながらゴールテープを切り完走した直後だった。

今年は、番組テーマ「つなぐ~時を超えて笑顔を~」にちなみ「つなぎたい想い」のある全国の450人が47都道府県・総距離7606キロをたすきリレーし、22日のスタート直前、DAIGOのもとにたすきが到着。

DAIGOはアンカーとして、熱い想いと汗がしみ込んだ2本のたすきを肩に東京・日本武道館までの100キロを見事に走りきった。

1 2





芸能プロダクションエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス/エーチームアカデミー)の評判や噂、タレントニュース、オーディション情報、最新情報をお届けします。