1. まとめトップ

【技術面接】理系の就職面接でよく聞かれる7つの質問と対処方法【就活】【質問集】

研究で一番苦労したことは何ですか?など、よく出る質問を ①目標設定と全体概要。②現状把握、調査能力。③実験内容、本人の努力度。④技術スキル。⑤コストバランス。⑥今後の研究。⑦会社に入ってからの7つに分類して、対処方法についてまとめました。

更新日: 2016年05月23日

23 お気に入り 131846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chemnoteさん

全体的な注意点

技術面接官が特に注意して見ているのは、研究に取り組んでいる過程で、「PDCAをどのように回したか、研究過程の中で遭遇した疑問や課題、困難をどのように乗り越えたのか」という点と、「研究内容が応募企業(または志望職種)で役にたつか」という点です。

ポイント7個

質問に答えるときは
①言葉のキャッチボールを意識する。
②返答は短く的確に。
③数字や文献を入れて、説得力を増す。
④前向きな姿勢で答える。
⑤丸暗記ではなく、自分の言葉で。
⑥思考過程もわかるように答える。

⑦会社との相性も考えて話す。
会社の長期的なビジョンと、あなたの価値観が一致する
会社の経営計画と、あなたのキャリアプランの方向性が一致する
会社の注力事業と、あなたが働きたい事業部署が一致する
会社の社風と、あなたのキャラクター・性格が一致する

▼質問例7つ

①目標設定と全体概要

何故、そのテーマを選んだのですか?

研究テーマの内容、進歩状況などについて教えて下さい。

大学では◯◯を専攻しています。特に、研究室では▼▼の研究に力を入れており、❑❑の手法によって☆☆の問題を解決することを目指しています。

私は、☆☆の問題解決に対して❑❑という手法を用いていることに意味があると感じ、研究室を選びました。

具体的には、私は、〜〜〜ということの問題解決に向けて取り組んでいます。

御社も現在、△△△に非常に力を入れていると聞いています。研究室で学んだ◯◯の視点を、御社で働く時に是非活かしたいと考えています。

大事なのは「なぜそのテーマを選んだのか?」目的意識を語ることです。テーマを選んだ理由をしっかり話せれば、あなたの知的好奇心や探究心が伝わります。知的好奇心や探究心がアピールできれば、面接ではプラスに評価されるでしょう。

面接官が技術者で無い場合もあり、研究内容は親や文系の友達に説明できるくらいわかりやすく説明することが大切です。例えば社会全体からみたその研究の位置づけや、社会のどのような部分に役立てるものかなど広い視点で説明することを心がけてくださいね。

大枠を説明して、その後徐々に詳細について説明するのが良い。
「研究室の持っている最終的な大目標⇒その中のグループの受け持つ分野⇒さらにその中での自分の担当研究範囲」
といった具合がわかりやすいだろう。
忘れてならないのは、技術面接官とはいえ、大学の研究に関してはまったくの素人であるということ。

②現状把握、調査能力

あなたの研究は、他の研究者によって、どれくらい研究されていますか?

研究の課題となっているところは、どんなところですか?

例1)私が行っている◯◯の研究は、他の研究者によって◇◇ということまで解明されていましたが、☆☆ということはわかっておりませんでした。☆☆ということのためには、❑❑ということが課題となっていると考え、△△という方法で研究を行っています。

自分の研究について深く知識があるかチェックされる質問なので、必ず調べておきましょう(というより、就活に関係なく研究をやる場合はやりましょう)。中途半端に研究をしている人は、この質問に答えられない人が多いです。気を付けましょう。

③実験内容、本人の努力度

研究テーマに取り組む中で、一番苦労したことは何ですか?

その実験を行って気づけたものは何ですか?また、あなたのオリジナリティが成果につながったことは何ですか?

例1)◯◯という実験で△△という結果を得るのに苦労しました。△△の結果が得られない原因について❑❑であると考えて、それを解決するために、これまで◯◯の実験に使われていなかった☆☆という手法に着目して実験を行った所、予想した△△の結果が得られました。これは、☆☆の手法が〜〜だったためと考えています。

苦労した経験話でも、なるべく明るいトーンで話せるのが望ましいです。そのほうが前向きな性格だと思われるからです。

「○○ということを工夫して苦労を乗り越えました」という「苦労の乗り越え方」を話せるのが望ましいです。
面接担当者は、「志望者が会社に入った後に大変なことに直面した際、苦労を乗り越える力があるか?」という点を見るからです。

もちろん、単純に「困難を乗り越えるのに、◯◯が必要だと思ったので実行しました」くらいでは採用担当者には響きません。「困難を乗り越えるのに何が必要なのか?」「なぜそれが必要だと考えたのか?」と、論理的に考えられているかが重要です。

④技術スキル

あなたは、どんなスキルを持っていますか?

行った研究の中で得られたスキルは、どんなことですか?

例1)☆☆ということに興味を持ち、これを学ぶためには△△学科に入り、◇◇のことを学びました。研究室については、☆☆と関係のある◯◯のことを研究している研究室を選びました。今行っている研究では◯◯の実験を行う際に、▼▼の分析装置を使い、❑❑の解析方法を学んでいます。これにより、☆☆に関係するスキルが身に付いていると思います。

1 2