1. まとめトップ
  2. 雑学

「落石注意」は落ちてくる石をよけろ!?多くの人が”勘違いしている”ことたち

まだまだ世の中にはわからないことがたくさんある。。

更新日: 2015年08月29日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
198 お気に入り 249200 view
お気に入り追加

▼ ”勘違い”されてそうなことをまとめてみました

・コンセントとプラグ

壁にくっ付いているほうがコンセント。
抜き差ししているのはプラグ。

コンセントとは、電源などを供給するために、電気器具のプラグを接続する差し込み口のうち、壁などに固定できるもののことを言う。

「コンセントを差し込む」は× 正しくは「コンセントにプラグを差し込む」

コンセントを差し込むのではなく、コンセントにプラグを差し込むが正しい言い方。 コンセントは壁側の方ですよ。手にもってる方は「プラグ」です。

・”湿度100%”は水中というわけではない

雨の日の湿度は100%ですよって教わったんだけど、ずーっとどういうことなんだろうと思ってたんですよね。

湿度100%とは、その空気の中に水蒸気が飽和状態まで含まれる時のこと。しかし100%になるとすぐに水蒸気は水になってしまい、水蒸気の量も減るので、湿度100%にはなかなかならないのです。

ドシャ降りの時なら90%を超えることもあるようですが、100%ということは無いようです。しかし、濃い霧が出ている時などは、湿度100%と考えられるようですね。

雨が降ってる時は湿度100%とする。って中学の時にならった

・”ウルトラマンセブン”は間違い

ウルトラマンエースやウルトラマンタロウなど、「ウルトラマン○○」という名前が多いのですが、「ウルトラマンセブン」だけは違います。正しくは「ウルトラセブン」です。

@tori_nankotsu_K ウルトラマンセブンじゃなくて、本名はウルトラセブンなのですが、そこについてはどうお考えですかぁぁぁ!?

J( 'ー`)し「たかし、ウルトラマンセブンじゃないのよ。ウルトラセブンなのよ」

・松坂牛の読み

高級牛肉として有名な「松坂牛」。これを「まつざかぎゅう」や「まつさかぎゅう」と読んでいる人がいますが、実は誤り。正しくは「まつさかうし」

松阪牛は「まつさかうし」で、「まつざかうし」「まつざかぎゅう」とは言いません。

まつさかうしやばい!A5ランクやばい!特選カルビやばいいいいいい!!!

・「穿った見方」の意味

全ての年代で,本来とは異なる「疑って掛かるような見方をする」という意味で理解している人の方が多いことが分かりました。

「うがった見方」とは、物事の本質を深く捉えた肯定の意味の言葉。「穿つ」の元々の意味が穴を開けていくということなので、それが転じて本質に迫っていくという意味を持つようになりました。

穿った見方しすぎなのかもしれないけど、キャッチコピーのセンスの無さ以上に無自覚な女性蔑視の香りを嗅ぎとってしまう…!

世界は素直に見ても虚しくなるだけ。斜めや穿った見方をした方が自分の世界は広げられる。

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものを。