毎年、いつの時期にもこのような疑問・不安を持つ方が多いです。
しかし、公務員試験の勉強は最低○か月前に始めなければならないという基準は【一切ありません!】
極端に言えば、一年前から初めて落ちる人も居れば一週間で受かる人も居るのです。
その違いは何か?大きく分けて次の二つに分けられます。

①受験で培ってきた元々の知識量の多さ
②勉強効率の良さ

①→公務員試験の科目には、数的処理(簡単な数学の知識を使います)や、人文科学(日本史、世界史、地理など中学高校の「社会」にあたるものの総称です)、自然科学(化学、生物、物理など中学高校の「理科」にあたるものの総称です)などがあり、中学受験、高校受験、大学受験で使用した科目の内容がそのまま活用できるものが多いです。そのため、受験を経験していれば新たに勉強するというよりも【あ~こんなのやったなぁ】と、思い出す作業となるので俄然有利にすすめることができるのです。
②→大事なのは、今自分に何が足りないのか、何の教材を使って何を学ぶべきなのかを知り、目標に向かって最短ルートを組み立てることです。公務員試験は【満点をねらう試験ではありません!】【解ける問題と解けない問題を素早く見極め、解ける問題を確実に点数にする試験です。】そのため、一つの科目を完璧になるまで隅々までやる必要は無いのです。ただ単に時間をかければ良いのではなく、頻出分野を、広く、5つの選択肢から1つを選べるような(試験種によって例外アリ)、勉強を心がけましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【必読】公務員試験、受かりたいならこれを読め!

私自身公務員試験を受験した際、有用な情報を探すのに苦労しました。そこで、短期間の勉強で複数試験種に合格した経験や、参考にさせていただいた役立つ情報をピックアップしてお伝えします。適宜情報追加中。

このまとめを見る