<教養科目>
①数的処理→算数パズルのような問題。速さ、比、図形、立体、ウソつきは誰か、など。普段から算数に慣れ親しんでいる人でなければ、初見で解くのは難しい。解き方のテクニック知ることが重要。多くの試験種で10問以上出題される。避けては通れない科目。
②文章理解→短めの文章を読み、合致する選択肢を選ぶ。センター試験と似ている。英文も出題される場合アリ。全く勉強していなくても解ける。文章は説明文が多い。
③人文科学→いわゆる中学・高校の社会にあたるもの。日本史、世界史、地理、思想(高校での倫理にあたる)、芸術(有名芸術の作品名など)。
④自然科学→いわゆる中学・高校の理科にあたるもの。数学、化学、生物、地学、物理。
⑤社会科学→法律、政治、経済など。専門科目の易しいバージョン。専門科目の勉強ができていれば勉強の必要は無い。
⑥時事問題

<専門科目>
①法律系科目→憲法、民法、行政法など。条文そのものや、重要判例が問われる。
②経済系科目→ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学など。計算問題や理論問題がある。
③学系科目→行政学、政治学、会計学、(財政学)など。頻出分野が明確。人物名や提唱した説の内容など。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【必読】公務員試験、受かりたいならこれを読め!

私自身公務員試験を受験した際、有用な情報を探すのに苦労しました。そこで、短期間の勉強で複数試験種に合格した経験や、参考にさせていただいた役立つ情報をピックアップしてお伝えします。適宜情報追加中。

このまとめを見る