1. まとめトップ
  2. カラダ

たったこれだけ!食事制限なく痩せるための4つの習慣

もうすぐ食欲の秋!食べ物がおいしい季節ですが、体重が気になりますよね。でも、これらの習慣を身につけておけば、無理なく痩せることができそうですよ。

更新日: 2015年08月30日

aduminoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1215 お気に入り 284072 view
お気に入り追加

1.体を冷やさないようにする

体が冷えると、水分や脂肪が溜まりやすくなり、血液やリンパ液の循環も低下、さらには老廃物も排出しにくくなるため、むくみ&セルライトができやすくなります。

お腹まわりが冷えるとどのような現象が起きるでしょうか。内蔵の働きが低下し、基礎代謝が下がります。血流が悪くなるので全身が冷えてしまい、太りやすくなってしまいます。

腹巻をすることでお腹は温まります。
腹巻を巻くことで代謝を上げるのです。
単純なことですが、体温を上げることってとっても大事なのです。

昔から冷えに良いとされているのがしょうがです。しょうがは体を温めてくれるだけでなく、血行を良くしたり、発汗作用を促すなど、いくつもの冷えに対する効果が期待できます。

2.早寝早起きをする

夜更かしすると肥満の元になる夜食を食べたくなるだけでなく、一日のカロリー消費量の減少にも拍車をかけてしまうのです。

夜更かしすると、食欲を増進させる効果がある「グレリン」というホルモンが増えていきます。グレリンが増加すると、食欲を抑制する効果がある「レプチン」というホルモンは減少していきます。

質の良い眠りは、痩せホルモンといわれる“成長ホルモン”や“セロトニン”を作るからです。

体内時計のリセットやホルモン分泌に「朝の光」が必要なので、遅寝遅起きでは十分な効果を得ることができません。

前日にやり残してしまった家事や仕事は、思い切って次の日の朝に片付けてしまいましょう。

3.姿勢をよくする

姿勢は、見た目に影響するだけでなく、代謝や筋肉のつき方、体のゆがみにも影響してきます。 普段何気なく行っている姿勢が、気になる脂肪の原因となっている場合もあるのです。

骨盤が歪んでいたら、お腹とお尻の骨も歪んでいます。骨が歪むと、内臓や筋肉、脂肪が正しい位置に乗りません。だからぽっこりお腹になります。ヒップが大きく見えます。

正しい姿勢を維持していると自然と維持するための筋肉が発達して、緩やかに猫背が治っていったり、基礎代謝が上がって痩せやすい体へと変化していきます。

美しいボディラインを作るためには、しっかりと腰を立て深く座るL字で座りましょう。L字で座ることで、上半身の重さをしっかりと受け止めてくれます。

4.汁物から口にする

「太らないためには食べる順序が大切」という話をお聞きになったことのある方もいらっしゃるでしょう。

効果的ダイエットのため、繊維質と汁物を先に頂きましょう。

まず最初に、水分の多い味噌汁などの汁物からたべます。水分はお腹にたまりますので、満腹感を感じやすくなる効果があります。

お腹が空いている時に、真っ先に炭水化物類を食べると、ご飯を何杯もおかわりしたり、パンを何個も食べたりと必要以上にたくさん食べてしまうことになります。

△ 運動や食事制限なく、簡単なことでダイエットできるなら、こんな嬉しいことはないですよね♪

1





aduminoさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう