1. まとめトップ

【医療大麻】大麻でガンは治る

医療大麻について。抗がん作用や予防薬としての薬用マリファナの研究結果などのまとめ。大麻の利点は「マリファナは健康な細胞を傷つけることなく、ガン細胞だけを死滅できる」

更新日: 2015年08月30日

8 お気に入り 17987 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

欧米を中心に「医療大麻」が注目されている理由。がん治療にも効果あり!?

今日、医療現場において使用される大麻の有用性を改めて人々に伝えようとしています。
アメリカではここ数年、マリファナ合法化の動きが加速し話題となっています。快楽目的の嗜好品という観点ばかりに目が行きがちですが、病気の治癒にも大麻の薬理作用が活かされているといのは、意外と知られていない事実では?

米雑誌New Yorkerはこれを受け、オバマ大統領へのインタビューを掲載した。オバマ大統領はマリファナの使用に否定的な態度を取っているものの、マリファナは以前考えられていたような社会的悪ではないと指摘し、「よく知られているように、私は若い頃に大麻を吸っていた。これは、タバコを吸うことと同じように悪い習慣だ。マリファナが、アルコールよりも危険だとは思わない」と語った。

今、アメリカで動いている大麻解禁の流れは、主に“医療大麻”と“嗜好品大麻”であり、特に医療大麻の解禁の流れは以前から強く推進されていて、すでに20州以上もの州にて解禁が進んでおり、最近になってようやく2州で嗜好品大麻も解禁されるようになりました。

【2014年11月11日  AFP】米ニューヨーク(New York)市のビル・デブラシオ(Bill de Blasio)市長は10日、同市内でのマリフアナ所持に対する規制の緩和を発表した。

 同市では今月19日より、マリフアナ所持量が25グラム未満であれば、「犯罪」ではなく「違反」とみなされ、逮捕ではなく100ドル(約1万円)以下の罰金を科されることになるという。

 デブラシオ市長は、規制緩和の主な理由として、若者が1回の「過ち」によって生涯にわたり犯罪歴を背負うことがないようにすることにあると説明している。

大麻には鎮痛作用・沈静作用・催眠作用・食欲増進作用・抗癌作用・眼圧の緩和・嘔吐の抑制などがあり、アメリカ合衆国では慢性痛患者の8.9%が自己治療で大麻を使用しています。

大麻は昔から万能薬として考えられ扱われており、大麻はHIV、アルツハイマー、うつ病、強迫性障害、不眠症、てんかん、気管支喘息、帯状疱疹、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、クローン病、パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるとされています。

大麻が医療用途として価値があり注目されている理由には、主に以下の理由があります。

・身体的害(副作用)が少なく、第一選択薬として望ましい。

・法的規制の問題を除けば、本質的には製造・入手が容易かつ安価。

・嗜好植物としての大麻には多くの品種が存在しており、薬効成分(THC、CBDなど)のバランスが多様なため、患者の個人差・病状の差に適合した品種を見つけることができる(一種のテーラーメイド医療と言える)。

・既存の治療薬の効果が薄かったり、副作用が強い患者に対して別の選択肢となりうる。(代替医療)

・いまだ有効な治療薬が存在しない疾患、難病に対して効果が認められることがある。

などが挙げられます。特に医療大麻には様々な種類があるので、自分の疾患、症状に合う品種である医療大麻を選び、適切に薬として使用できる事ができる事。

また大麻は植物なので、ケミカルな薬である日本で処方されるような通常の薬と比べて副作用が少なく、肝臓などにも負担が掛かる事はないという事。

そしてまた後程くわしく説明しますが、ヴェポライザーという専用の道具で吸引すれば、有害なタールを吸引する事なく有効な成分のみを摂取する事ができるので、医療大麻摂取方法には様々な方法があるので煙の問題も摂取方法により解決できるという事。

など、大きく医療大麻が他のケミカルな薬(科学合成薬)よりも優れている事が見て取れます。

大麻には鎮痛作用・沈静作用・催眠作用・食欲増進作用・抗癌作用・眼圧の緩和・嘔吐の抑制などがあり、アメリカ合衆国では慢性痛患者の8.9%が自己治療で大麻を使用しています。
さらに大麻は昔から万能薬として考えられ扱われており、大麻はHIV、アルツハイマー、うつ病、強迫性障害、不眠症、てんかん、気管支喘息、帯状疱疹、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、クローン病、パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるとされています。

下記は文献や診察を元にして、大麻を用いる事で何らかの治療効果が得られた疾患の表である。疾患名は国際疾病分類第9版(ICD-9)に準拠する。

性器ヘルペス
ペニスのヘルペス感染
エイズ関連疾患
西部ウマ脳炎後遺症
化学療法回復
帯状疱疹
放射線治療
慢性ウイルス性B型肝炎
慢性ウイルス性C型肝炎
節足動物媒介疾患
ライム病
ライター症候群
ポリオ後症候群
悪性黒色腫
その他の皮膚癌
前立腺癌
精巣癌
副腎皮質癌
悪性脳腫瘍
多形神経膠芽腫
癌全般
リンパ節細網癌
骨髄性白血病
子宮癌
リンパ腫
グレーブス病
後天性甲状腺機能低下症
甲状腺炎
成人糖尿病
インスリン依存型糖尿病
偶発性成人糖尿病
糖尿病性腎症
糖尿病性眼科疾患
糖尿病性神経障害
糖尿病性末梢血管病
低血糖症
脂肪腫症
関節障害、痛風
ムコ多糖症
ポルフィリン症
アミロイド症
外因性肥満症
病的肥満
自己免疫疾患
血友病A
ヘノッホ・シェーンライン紫斑病
老年痴呆
振戦せん妄
統合失調症
統合失調感情障害
躁病
突発性大うつ病
反復性大うつ病
双極性障害
自閉症、アスペルガー症候群
不安障害
パニック障害
広場恐怖症
強迫性障害
気分変調性障害
神経衰弱症
書痙
心因性インポテンツ
アルコール依存症
オピエート依存症
鎮静薬依存症
コカイン依存症
アンフェタミン依存症
アルコール乱用
タバコ依存症
心因性多汗症
心因性幽門痙攣
心因性排尿障害
歯ぎしり
吃音
神経性食欲不振症
非特異的チック障害
トゥレット症候群
持続型不眠症
悪夢
過食症
緊張性頭痛
心因性疼痛
外傷後ストレス障害(PTSD)
器質性精神障害
脳振盪後症候群
非精神器質性脳症候群
頭部外傷
間欠性爆発性障害
抜毛癖
非多動性注意欠陥障害
注意欠陥・多動性障害
その他の注意欠陥障害
その他の心因性疾患
パーキンソン病
ハンチントン病
むずむず脚症候群
フリードライヒ失調症
小脳性運動失調症
脊髄性筋萎縮症(II型)
筋萎縮性側索硬化症
その他の脊髄性疾患
脊髄空洞症
反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)
多発性硬化症
その他の中枢神経系脱髄性疾患
半身麻痺
脳性麻痺
四肢麻痺
対麻痺
非特定運動麻痺
てんかん
大発作てんかん性疾患
辺縁系激怒症候群
ジャクソン型てんかん
片頭痛
古典的片頭痛
群発性頭痛
脳圧迫症
有痛性チック障害
ベル麻痺
胸郭出口症候群
手根管症候群
下肢単発神経炎
シャルコー・マリー・トゥース病
神経障害
筋ジストロフィー症
黄斑変性症
緑内障
弱視失読症
色覚異常
結膜炎
視神経の集晶
視神経炎
斜視、両眼視
先天性眼振
メニエール病
耳鳴症
高血圧症
虚血性心疾患
狭心症
動脈硬化性心疾患
心伝導障害
発作性心房頻拍
開心術後症候群
レイノー病
閉塞性血栓血管炎
結節性多発動脈炎
急性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎
慢性肺障害
肺気腫
喘息
自発性気胸症
肺線維症
嚢胞性線維症
歯顎顔面異常痛症
顎関節症候群
胃食道逆流症
急性胃炎
胃炎
消化性潰瘍疾患、胃腸障害
潰瘍性大腸炎
クローン病
幽門痙攣性逆流症
限局性腸炎、
大腸炎
大腸憩室症
便秘症
過敏性腸症候群
術後ダンピング症候群
腹膜痛
非ウイルス性肝炎
膵臓炎
腎炎、腎障害
尿管結石痙攣
尿道炎、膀胱炎
前立腺炎
精巣上体炎
精巣回転症
骨盤内炎症性疾患(PID)
子宮内膜症
月経前緊張症
腟痛
更年期障害
スタージ・ウェーバー症候群
湿疹
天疱瘡
表皮水疱症
多形性紅斑
酒さ
乾癬性関節炎
乾癬
そう痒症
白色萎縮症
脱毛症
ループス
強皮症
皮膚筋炎
好酸球増多筋痛症候群
関節リウマチ
フェルティ症候群
変形性関節症
外傷後関節炎
変形性関節障害
膝蓋軟骨軟化症
強直症
多発性関節痛障害
椎間板ヘルニア
腰部椎間板疾患
頚部脊髄症
頚部椎間板障害
頚腕症候群
腰仙後部障害
脊柱管狭窄症
腰痛症
末梢腱付着部症
腱鞘炎
デュプイトラン拘縮
筋痙縮
線維筋痛症、結合組織炎
オスグッド・シュラッター病
ティーツェ症候群
メロレオストーシス
脊椎すべり症
脳動脈瘤
脊柱側弯症
潜在性二分脊椎
骨形成不全症
エーラス・ダンロス症候群
爪膝蓋骨症候群
ポイツ・ジェガース症候群
肥満細胞症
ダリエー病
マルファン症候群
スタージ・ウエーバー症候群
不眠症
睡眠時無呼吸症候群
慢性疲労症候群
振戦、不随意運動
筋筋膜性疼痛症候群
食欲不振症(拒食症)
過換気症

しゃっくり
嘔吐
吐き気
下痢
尿管痛
悪液質
椎骨脱臼
むち打ち症
ぎっくり腰
肩部傷害
前腕、手首、手部傷害
臀部傷害
膝、踵、足の傷害
乗り物酔い
リウマチ
うつ病
アナフィラキシー様症状

日本で大麻は違法だが、海外の一部地域では癌(がん)やエイズの治療にも取り入れられ、合法的に使用されている。そんな大麻が、うつや気分の落ち込みに効果があるとの研究結果が発表され、注目を集めている。

「医療大麻には反対する人も多いでしょう。例えば、医療大麻が認可されれば、末期がん患者の中には、高額な抗がん剤ではなくて、大麻による治療を選択する人が出てきます。抗がん剤だと、1カ月で何十万円もの薬代がかかりますが、大麻だと、仮に栽培が認可されるならものすごく安く済む。それだけ製薬会社が損害を被ります。そしてもちろん、製薬会社だけではなくて、病院側も痛手を受けます」

 日本では、3人に1人が癌で死亡している。医療大麻が認可されることによって日本の医学界が受ける影響は計り知れないというのだ。アメリカの国立ガン研究所(NCI)は2011年、大麻の持つ抗がん作用を認めた。

世界の大麻取締状況
青 :合法、一部合法
水色:非犯罪
橙 :非合法だが取締対象外
赤 :明確に非合法
桃色:おそらく非合法

大麻の致死量は、カンナビノイドの含有量が品種によって違うため断定出来ないが、急性中毒による死亡はまずないと言われており、過剰摂取による死亡例の報告は無い

1