会長は平成25年ごろから、韓国や中国を非難する内容を含む書籍や業務日報を社員に配布。業務日報には「韓国の国民性は大嫌いです」「在日には市民税も所得税もない」といった記述があった。

 原告側は「税金を払っているのは、会社が控除や納付の手続きを通じて知っているはず。資料の表現はヘイトスピーチに当たり、人格権の侵害だ」と主張している。

出典「ヘイト表現で人格権侵害」在日韓国人女性、勤務先会社と会長を提訴 大阪・岸和田 - 産経WEST

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

フジ住宅がヘイトスピーチ文書を大量配布し提訴された件、いろいろ恐ろしい模様

文書の内容も想像以上にガチというかモロというかで恐ろしいし、しかも会長さんこんな人なのに、普通に保守派界隈ど真ん中に生息している模様で、ほんと、この会社もこの社会も大丈夫か?ってくらいひどい案件のような気がするのでフジ住宅炎上の件を記録。

このまとめを見る