しかし、シェーンをあるところまで連れて行くことに。途中、バンドのフロントマンの夢を叶えられなかったシェーンの話を聞く。ズルをして神に視力を奪われたと語るシェーンは、日本でも売れたことがあるが、周りの目が変わり、弟が誘拐される経験を負う。そして地味なバンドのフロントに立つことを決めたという彼女は、そんな時がきたらうまくやれ、と乙坂に伝える。目的地に近づき、坂を登る乙坂とシェーン。かつてに比べて優しくなったんだな、と見抜かれるが、それは友利のおかげだと乙坂は思う。連れて行った先は友利の兄の病院。ZHIENDファンの友利の兄にサラ・シェーンを合わせれば何かが起きるかもしれないと乙坂は期待していた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「Charlotte(シャーロット)」、第8話のあらすじ

妹の死を乗り越え、日常を取り戻す乙坂有宇。ZHIENDのボーカル、サラ・シェーンとの出会いの中で、友利奈緒への思いを確かめる、そして友利奈緒の願いを叶えにある行動に。

このまとめを見る