1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

死ぬまでに1度泊りたい!現在建設予定の世界の近未来的なホテル

生涯1度でも良いからこんなホテルに泊まってみたい・・・。将来本当に建設されるかもしれない、近未来的なデザインをしたホテルを集めてみました。もし実現できたら凄いなぁ。

更新日: 2015年09月02日

dgrさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
640 お気に入り 192212 view
お気に入り追加

Water Discus Hotels

現在、ドバイで建設予定となっているホテル。
ご覧のように、海上、海中どちらも楽しめます。
海中では魚を観賞し、海上ではバカンスを楽しむ、
こんな贅沢なホテルに泊ってみたいですね。

どうやら複数建設するようですね。
一体何部屋あるんだろう?

夜になると、クラブのような雰囲気だなぁ。
ヘリポートもあるので、VIPの方は便利?

最先端の科学技術を駆使し、安全基準も最高レベルのウォーター・ディスカス。水中と空中の2枚の円盤型の施設は、中央に巨大な柱があり、その周りも3本の柱で支えられています。

このホテルは、ポーランドの「Deep Ocean Technology(ディープ・オーシャン・テクノロジー)」がコンセプトデザインとして設計した、近未来的な水中ホテル。

屋上にはヘリポートと海水で満たしたプールとオープンテラスを
設ける予定。

こちらは海中部分のロビーです。
まるでSF映画にありそうな空間ですね。

各部屋どこでも熱帯魚など見る事ができます。
24時間水族館に入るような気分になるなぁ。

水中部分には21の客室のほか、ダイビング施設、バーなどを設置。窓からは、色鮮やかな熱帯魚をはじめとした、さまざまな生物を間近で観察することができる。

やはり圧巻なのは水中ホテル部分。室内からカラフルで美しい海中を映像ではなく、現実の風景として楽しめます。

The Full Moon Hotel

これはまるでデ○スター!!
相当部屋数はありそうだなぁ。
空洞部分がとても気になる・・・。

正面から見ると、月そのものに見えますが、角度をかえると見え方が変わるようになっています。35階建て、室数は382室。高さは158.68mにもなります。

5万人の市民と4万8千人の労働者を収容するほどの大きさ

既にアゼルバイジャン(旧ソビエト連邦)の首都バクーで建設中らしいけど、映画「スターウォーズ」のデス・スターのようなビルということで、やっぱりSWファンなら泊まってみたいのかな。

32階建てで部屋数は221部屋、また128部屋が住居としても提供されるかもしれないんだとか・・・こんなところに住めるようになれるかもなんて、信じられない!

画像の中央にあるホテルの建設中だとか。
Hotel Crescentというホテルだそうです。
アゼルバイジャン凄い・・・。

ホテルクレセントは デラックスな三日月を表したホテルです。まるでSF映画にでもでできそうな、超近未来的なデザイン...!これは完成したら、新しい観光スポットとなること間違いなしですね。

形も本当に三日月をもしていて、こちらは32階建て、
221室のホテルになります。

ポセイドンアンダーシーリゾート

出典by-s.me

各部屋独立しており、いざとなったら分離できる
ホテルです。画期的なアイデアですね。

このように24時間魚を観賞できます。

『ポセイドン・アンダーシー・リゾート(Poseidon Undersea Resorts)』は、海域1000フィート(約305メートル)の水中にあります。

部屋の天井はガラス張りになっており、海中を優雅に泳ぐ魚をベッドに転がりながら見ることができる、まるで竜宮城のようなホテル。

透明なアクリルで囲まれたカプセルのような客室の眼前には、青い幻想的な世界が広がります。魚の餌付けができる装置もあるそうです。

客室のほか、レストラン、バー、図書館、会議室、結婚式場、浴場などの施設も備わっている

海中ホテルで一番気になるのは事故。
もしもの為に、既に万全な対策があるそうです。

天井は10センチのアクリル製のガラスが使用されており、
万一の場合でも、客室が自動で海上に浮かび上がるシステムで、
安全面もしっかり考慮されています。

1 2





自分が気になったことをまとめています。見てくれる方のために、分かりやすく役に立つまとめを書こうと常に意識しています。見ていただければ大変有難いです(^_^)