1. まとめトップ

大切なのは「鼻と口の距離感」美人顔に見える新常識!

一生懸命アイメイクを頑張っているけれど、私の顔ってパッとしない、間延びしている、老けた感じがする…そんな悩みはありませんか?そんなあなたにご提案!鼻の下に注目してみて。劇的に可愛くなれるメイク法をお教えします。

更新日: 2016年06月27日

73 お気に入り 572986 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

poncho-msさん

『本当の美人』は鼻と口の距離が短い!

目が大きい、彫りが深い、…などなど美人顔の条件はいろいろありますが、鼻と口の距離って意識したことはありますか?

モデルさんや女優さんなど、可愛い女性は鼻の下が短い人が多いのです。

これまでの美人顔の条件といえば、ぱっちりと大きな目、つやつやの綺麗な肌、眉毛と目が近い、ハーフ顔、などなど多くのポイントが挙げられてきました。

そんな中、意外とこれまで気づかなかったある条件が注目されています。

鼻と口の距離が短いと美人に見える!?

美人の条件として新たに注目が高まっているのは、「鼻と口の距離が短い」という点。

「眉と目の間隔を狭くすると、外国人風の美人に見える」というのは有名ですが、大事なのに意外と盲点なのが「鼻と口との距離」。一般的に、鼻と口は近いほうがかわいいとされています。

イギリス、ヨーク大の第一印象に関する研究でも、鼻と口との距離が短いほど親しみやすい印象になるという結果が。

美人の条件「鼻~上唇:下唇~顎=1: 2」

人間は目元で全体の印象が決まり、鼻から下で年齢の印象が決まる

美人の条件として挙げられる「鼻~上唇:下唇~顎=1: 2」もつまりは鼻と口が近いことを意味しています。

これも日本人は当てはまるのが難しい。大体みんな鼻の下が長めで、1:1になってます。鼻と口の距離が短いと美人に見えます。

憧れのあの人もよく見ると”距離が短い”!

共通は比較的『鼻と口の距離が近い』

これまで注目しなかった鼻から口の距離を見てみると、短めです。

どうしたら鼻と口の距離が短くなる?

“鼻の下を短くする”は整形でもしない限り不可能ですが、目の錯覚で緩和させることが出来ます。

魔法のメイクテクを覚えて、可愛い顔に変身しちゃいましょう。

劇的変化のメイク法♡鼻と口の距離に注目!

①リップの魔法

リップメイクの際に上唇をオーバーリップに塗ると、物理的に鼻と口が近づくので、顔全体の印象UPに。顔パーツはミリ単位の微妙な違いが美人度を大きく左右するのであなどれません。

淡い色のリップで上唇のリップラインをオーバーぎみに引きます。山の部分をパールの入ったペンシルでなぞり、ハイライトをいれましょう。下リップは横長にスッキリと。

上唇、下唇の山にハイライトを乗せれば、めくれ上がったような唇になり、間延び感がやわらぐそうです。

リップの山(M)の凹んでいる中央部分にパール入りのコンシーラーを入れるテクニックもおすすめです。リップが立体的になり、山部分が強調されるので鼻との距離が短く見えます。

イメージは女性が選ぶなりたい顔第3位に輝き、ドラマの役柄から一気に女性の憧れの的となった石原さとみさん

彼女も鼻と口の距離はかなり短め。彼女のようなぷっくり唇をつくることで距離も短く見えます。

②チークの魔法

最後の仕上げで頬につけるついでにできる簡単テク。自然な影を作ることでのっぺりとした鼻下を引き締めます。

1 2