1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

アメリカの子供達に世界の学校給食を食べさせたらこうなった!! 日本の給食へのコメント「箸が使えないの」「こんなの絶対に食べない!」 // feeds.rocketnews24.com/~r/rocketnews2… ロケットニュース24

今ミラノで、初の食をテーマにした万博が開催中だ。OECD加盟34カ国では成人の18%が肥満、米国では35%を越え、子供の肥満は30年前の3倍。先般現地でミシェル・オバマ大統領夫人は学校給食からフライドポテトやピザを減らし野菜や果物を増やすレッツムーブ運動を世界に広げたいと訴えた。

「アメリカンキッズ達に、世界の朝食を試してもらったらどんな反応をするか?」という動画。その続編として「アメリカンキッズが世界の給食を食べてみた」という動画がYouTubeで公開されていました。

ところが、その動画のコメント欄にてまたしても議論紛糾。こんなメニューは食べない、あれはそんなにまずくない……などなど。でも、言いたくなる気持ちもわかります。なぜなら今回は、ほかならぬ日本の給食が登場するから!!

さあ、あなたの目から見て、日本の給食の再現度やアメリカの子どもたちの反応はどうでしょう?

アメリカ、フランス、スペイン、韓国など、あらゆる国に給食が存在し、日本と同じように子どもたちのお腹を満たしています。今回は、世界各国の給食の写真をいくつかご紹介したいと思います。もしかすると、「日本の給食より美味しそう!」と思えるものがあるかも!?

日本ではカレーライス、ソフト麺、焼き魚、ハンバーグ、肉じゃが、ご飯、パン、牛乳など、料理のバリエーションが豊富! 一方、この画像で拝見すると、韓国や中国では野菜がメインの給食のようで、非常にヘルシーで健康的に見えます。

北米やヨーロッパではジャンクフードな感じの料理も多く、ややコレステロールが心配に。特にフランスやアメリカの給食は、フレンチフライがたっぷり盛られているなどまさにジャンク! トルティーヤチップスが袋ごと出されているのにはビックリしました。

1