1. まとめトップ

100均の"滑り止め"で作るシャギーラグマットがおしゃれ過ぎる!

ダイソーやセリアなどの100均で売っている「滑り止めシート」。これと古着や端切れなどの布で、なんとシャギーラグマットがハンドメイド出来るんです!こんな活用アイデアがあるなんて驚きです。おしゃれなインテリアに欠かせないラグマットをの作り方を紹介します。

更新日: 2016年02月29日

noho3nohoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1396 お気に入り 509519 view
お気に入り追加

おしゃれインテリアに欠かせない、シャギーラグ

出典iemo.jp

ふわふわで触り心地もいいマットのシャギーラグは
玄関にもリビングにも欲しい
重要なインテリアですよね。

ラグマットやカーペットって買うとなかなかいい値段するし、自分好みのものを見つけるのって意外に大変だったりしますよね・・・。

ラグを家や部屋の入り口に置いておくと、部屋を綺麗に保てる上にインテリアのポイントにもなります。しかし、自分好みのラグは意外と見つからないのではないでしょうか?

100均で売ってる滑り止めシート、これが使える

ダイソーやセリアなどの100均で売っている滑り止めシート。
マットの下に敷いたりして、滑らないようにするものですが…。

絨毯やソファカバーの下に敷いたり、マウスパットの下に置いたり、地震対策に棚の物を落ちにくくしたり、本来の使い方も幅広いけれど、もっともっと、アイディア次第で使い方は無限大。

出典locari.jp

ダイソーの滑り止めシートは、小さめにカットされたものや、細長いものなど、ここで紹介したものの他にも、いろいろなサイズとカラーがあります。

白、ベージュ、ブラウン、ブラック、グリーン、イエロー、ブルー、レッド、と色のバリエーションも豊富です。45✖️80、30✖️100、長方形で巻いてあるものは、必要なサイズにカットするのも簡単。

なんと、シャギーマットが作れる!

ふわふわで、おしゃれなインテリアにもぴったりな
シャギーラグ。Shag rag rug(シャグラグラグ)とも呼ぶそうですが、
なんと滑り止めマットでハンドメイド出来るんです!

ふさふさでかわいいシャグラグラグは、ダイソーの滑り止めシートを利用して、とても簡単に作れます。

必要ない洋服や端切れを使って、形も自由に私だけのラグが簡単に作れる、手作りラグマットが海外で大人気なんです!

オシャレで素敵なお部屋には必須アイテム「ラグマット」実は、いらないTシャツや、いらなくなったタオルなどで手作りできちゃうんです!

Tシャツやジーンズなど古着の端切れを、滑り止めマットに結んでつくるDIYマット。色も柄も自在にデザイン。100均の滑り止めマットでもつくれちゃいます。

このフサフサの可愛いラグもTシャツの切れ端と滑り止めで作ったもの!

よく見る網目状のすべり止めマットを使って作れるんですね~!!

驚きのアイデア!滑り止めラグマットの作り方

出典locari.jp

100均noの滑り止めシートで簡単に作れます。必要な材料は、古い布と滑り止めシート、必要な道具ははさみだけ。

いらなくなった、Tシャツを短冊切りにします。(縦10センチ×横5センチ程)この時、太さが均一になってなくても大丈夫なのであまり気にせず、ざくざく切っていきましょう。

カットしたTシャツを次は10㎝幅でカットし、滑り止めシートの穴に通して結んでいくだけ。

シートの穴の大きさも、メーカーによってさまざま、厚い、薄いなど厚さもさまざまなので、自分に合った滑り止めシートを選んでみましょう。

幅を見つつ色を変えて、布を通していきます。

自分好みの大きさに作れたら、余った滑り止めシートをカットしてできあがりです。

買ったら数千円するであろうデザインラグが、捨てる要らない布を使えば、100円で作ることが出来ちゃう!

本来はラグの下に敷く滑り止めシートで、ラグそのものを作ってしまうアイデア、驚きですね。

しかも滑り止めシートなので、滑らないマットが完成して、
布はなかなか取れないすぐれもの!

このラグマットはミシンを使ったり、針と糸で縫ったりしなくても作ることができるので、手芸が苦手という方でも気軽に作ることができます♪

着古しのTシャツで作れる

1 2 3





noho3nohoさん

料理レシピ、ファッションなど、色んな事まとめてます。
よければ参考にして下さい。