1. まとめトップ

冬を前にして聞いておきたい秋を感じる曲

あっという間に夏が終わりました。あと数ヶ月ですぐ冬がやってきます。今だからこそ聽きたい秋を感じる曲をまとめました。

更新日: 2017年10月13日

2 お気に入り 2350 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuuka1988さん

一風堂の曲を1997年にSHAZNAによりカバーされました。

「冬が来る前に」(ふゆがくるまえに)は、日本のフォークグループである紙ふうせんが1977年に発表したフォークソング。作詞は紙ふうせんのメンバーである後藤悦治郎、作曲はそのバックバンドのメンバーだった浦野直。45万枚の売上を記録した。

少年を主人公にして、その父親との関係を表現した歌詞となっている。秋の日に少年は、かつて父親と一緒に拾った木の実を手に持って、草原を走り抜ける。その時少年は、父親が昔語ってくれた言葉を思い出す。

「secret base 〜君がくれたもの〜」は、ZONEの楽曲。町田紀彦が作詞・作曲を手掛けた。ZONEの3枚目のシングルとして2001年8月8日にソニー・ミュージックレコーズから発売された。

「ロビンソン」は、日本のロックバンド、スピッツの楽曲である。11枚目のシングルとして、1995年4月5日にポリドールより発売された。

黄昏ゆく街で」(たそがれゆくまちで)は、日本のミュージシャンである尾崎豊の9枚目のシングル。英題は「57th Street」。

「いつか」は、ゆず通算4枚目のシングル。1999年1月20日にセーニャ・アンド・カンパニーから発売された。

1991年2月6日に発売された小田和正のソロとして6枚目のシングル「Oh! Yeah!」に収録され、同年1月期に放送されたフジテレビ系月9ドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌として起用された。

収録曲の「M」は後にリリースされるシングル「Diamonds」のカップリング曲にもなり、バンドを代表する曲の一つ。

日本のシンガーソングライター。東京都立松原高等学校卒業。東京女子体育大学中退。高校の先輩に清水信之、後輩に佐橋佳幸と渡辺美里がいる。

寂しさは秋の色(さびしさあきのいろ)はWANDSの1枚目のシングル。

宮崎県児湯郡高鍋町生まれ。所属レコード会社は、フォーライフ・レコード、ワーナーミュージック・ジャパンを経て、現在はEMIミュージック・ジャパン。

日本のシンガーソングライター、俳優、ラジオDJ、写真家、音楽プロデューサー。所属事務所はアミューズ、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

日本の女性歌手、ダンサーである。本名同じ。身長158cm、体重40kg、血液型O型。所属レコード会社はエイベックス、レーベルはDimension Point。

日本のロックバンド・スピッツの通算19作目のシングルで、両A面シングル。1998年7月7日にポリドールより発売。

「しあわせになるために」は、日本のミュージシャンナオト・インティライミの10枚目のシングル。

GLAY(グレイ)は、日本のロックバンド。1994年のメジャーデビュー以降、CD売り上げ、ライブ動員数などの記録を更新。

日本のミュージシャン、女優。本名非公開。
埼玉県川口市出身。キューンレコード所属。

「SOMEDAY」(サムデイ)は、日本の男性シンガーソングライター佐野元春の楽曲。1981年にシングルとしてEPIC・ソニーから発売。

風に吹かれて」の歌詞は大分県の湯布院の街並みがモチーフとなっている。

Perfumeの6thシングル。徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。

イロトリドリ ノ セカイは、日本のロックバンド、JUDY AND MARYの16枚目のシングル、及びTAKUYAのソロユニットであるROBOTSの5枚目のシングル。

岡村 孝子(おかむら たかこ、1962年1月29日 - )は、シンガーソングライター。愛知県岡崎市出身。父は岡崎市議会議長を務めた岡村秀夫。

1