1. まとめトップ

大スクープ 最近多すぎ、巨人選手の[スキャンダル、熱愛、不倫、賭博も]!

坂本勇人 阿部慎之助 菅野智之 長野久義 片岡治大 宮國椋丞 澤村拓一 小林誠司 二岡智宏 杉内俊哉 高橋由伸 原辰徳 福田聡志 笠原将生 松本竜也のスキャンダル。

更新日: 2016年07月22日

3 お気に入り 424321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

6daimessさん

菅野が野球好きグラドルをお持ち帰り(2016年7月22日フライデー)

今季、球威の増した真っ直ぐとワンシームを武器に防御率1点台と絶対的ピッチングを続ける菅野。大躍進のウラには、勝負師たちが崇める『幸運の女神』ミスマリンちゃんがいたのである。

菅野タレントとデート報道とかYahooに出てるw w w wしかもそいつの顔検索したけど可愛くないw w w w はあ、わらかすなw w

菅野がフライデーされてたけど、ミスマリンちゃんをお持ち帰りしようが、さほど問題ないよね(°ω°)

坂本勇人ら88年組 台湾で夜遊び

坂本、大野、澤村、秋山、前田が参加者と言われている。

日本代表チームは桃園球場での試合後、台北東区にある有名なナイトクラブで飲み明かし、4人は女性を侍らせて騒いでいたばかりでなく、甚だしきに至ってはナイトクラブを出た後で早朝の路上で大声で笑うなどし、公序良俗を逸脱した行為によって日本チームの伝統的な謹厳なイメージを覆すことになった。

坂本勇人選手をかばう(?)意見がちらほらと出てきて驚きだ。海外であんなことをしたんだぞ。簡単にいえば友達の家に行って庭でお酒で汚すのと同じだよ。友達からどう思われるのかわからないのか。

@giants0625 そうですよねww そんな中、台湾でやらかした坂本と澤村は年俸上がったというww

野球賭博問題で大揺れとなっている最中に発覚した台湾での“乱痴気騒動”には、球団も親会社も激怒。主将の座を剥奪することを本格的に検討していることが11月24日、分かった。

台北の繁華街で坂本勇人、マエケン、大野雄大、秋山翔吾の同期らと深夜まで大騒ぎした様子が現地の週刊誌にスクープ、坂本は路上で酒をまき散らす、タバコをポイ捨てするという様子が報じられた。

福田聡志&笠原将生&松本竜也 野球賭博

チームメイト笠原将生投手の知人からの誘いを受け、国内外の野球の勝敗に関する賭博行為を行った疑いがもたれる。

福田聡志投手が笠原将生投手の知人からの誘いを受け、国内外の野球の勝敗に関する賭博行為を行った疑いが明らかになった。

問題が発覚したのは2015年9月30日午前。税理士法人勤務という男性が川崎市のジャイアンツ球場に現れ、福田に賭博の負け分を払うよう求めたのがきっかけだ。

発端となった福田に加え、新たに笠原将生投手と松本竜也投手が関与していたことを発表した。福田と笠原は野球賭博に加え、バカラや麻雀でも賭けをやっていたことも分かった。

球団は野球協約に抵触している疑いが強いとしてコミッショナーに告発することを決めた。

巨人は、10月7日に笠原を介して紹介された知人A氏と野球賭博などを行っていたとして、福田を告発。関係者からのヒアリングや、スマートフォンに残ったデータ解析などを進めた結果、笠原と松本竜の関与も浮上した。

笠原将生投手は素行不良は球団内でも評判だった。遠征先の宿舎ホテルなどへの朝帰りは何度も目撃され、先輩にも注意を受けていた。その笠原と最も仲が良かったのが福田聡志投手。

@haseyu24 報道された笠原将生に関しても1軍で投げる機会もあるということから一応断ったというデタラメな理由をつけて問題化させないようにしようって意図も見え見えだし、2軍続きで切ってもなんら問題ない福田聡志に全責任を押し付けた感が強い

気の弱い先輩に荷物を運ばせるなど、高卒4年目とは思えぬ態度のデカさが有名で、ひと回りも年の離れた先輩ナインやコーチからは、あきれ半分で「松本さん」と“さん付け”で呼ばれていた。

野球賭博による選手の契約解除は、1969年に西鉄(現西武)の投手の八百長に端を発した「黒い霧」以来だけに、イメージと信頼を回復する道のりは簡単ではないだろう。

契約解除の方針となった巨人・福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手。

巨人に入団後、寮での「息抜き」としてトランプやマージャンでの賭け事を始め、その後、やはり無期失格処分となった笠原将生元投手を介して「トランプやマージャンの延長」の感覚で、野球賭博にも加わるようになったと述懐

菅野、長野、片岡、宮國、藤井の合コン(2015年9月4日フライデー)

1 2 3