1. まとめトップ

遠藤直哉|遠藤直哉のプロフィール

遠藤直哉は弁護士法人フェアネス法律事務所の代表弁護士を務める。弁護士として、医療をはじめとする様々な分野でのソフトローによる社会改革を提唱する。また、女性の社会進出運動にも尽力し、平成16年に政府および鉄道会社に女性専用列車の設置を提言し実現させる。

更新日: 2015年11月09日

welcomerevanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3008 view
お気に入り追加

遠藤直哉は弁護士法人フェアネス法律事務所の代表弁護士を務める。 弁護士として、医療をはじめとする様々な分野でのソフトローによる社会改革を提唱する。特に医療の分野には造詣が深く、「刑事罰は謙抑的であるべきである。医療ミスがおきるたびに医師が逮捕されると他の医師が委縮し、必要な治療をすることにさえ逡巡する事態が懸念される」「刑事介入は一時的な予防になっても、長期的な改革を進めることにはならない。刑事事件の捜査や取り締まりは、密行性を持ち、閉鎖的で、手続きの透明性に欠ける。多様な議論をオープンにすることが困難なため、積極的かつ前向きな改善を検討する場にならない。」等の自説を主張し、医療事件を刑事事件で裁くことに反対する。 弁護士活動のかたわらに、執筆活動を行う。 また、女性の社会進出運動にも尽力し、平成16年に政府および鉄道会社に女性専用列車の設置を提言し実現させる。

遠藤直哉(1945年5月16日)は、日本の弁護士。

1





welcomerevanさん

このまとめに参加する