1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本人は観るべき?留学生殺害事件を描く映画「天使が消えた街」

9月5日から映画「天使が消えた街」が公開されます。本作はイタリア犯罪史上最も国際的な注目を浴びた英国人留学生殺害事件を描いた意欲作です。単なるクライムサスペンスではなく、悲劇的事件を昼メロドラマのように仕立て上げるマスコミや、それを消費する大衆に疑問符を投げかける作品となっています。

更新日: 2019年07月12日

374 お気に入り 252322 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

映画「天使が消えた街」が9月5日から公開

イタリア犯罪史上最も国際的な注目を浴びた英国人留学生殺害事件を描いた映画「天使が消えた街」が9月5日から公開されます。

2007年11月、イタリア・ペルージャ市内の共同フラットで、英国人留学生メレディス・カーチャーさんの死体が発見されました。容疑者としてルームメートのアマンダ・ノックスさんらが逮捕され、イタリア全土の注目が集まる中で裁判が始まりました。しかし、マスコミは昼メロ仕立てのセンセーショナルな報道で煽り立て、報道合戦を繰り広げたのです。本作は、そんな悲劇的事件がある種のドラマとして大衆に消費されてしまった経緯をマスコミの姿勢に疑問を投げかけつつ描いた意欲作です。

イタリア犯罪史上最も国際的な注目を浴びた英国人留学生殺害事件を、従来とは異なる視点で描いた映画『天使が消えた街』(9月5日公開)

英国の名匠、マイケル・ウィンターボトム監督が、2007年にイタリア・ペルージャで起きた英国人女子留学生殺害事件を題材に独自の視点で描く。

ペルージャ英国人女子留学生殺害事件とは

2007年11月2日、イタリア中部ペルージャ市内の共同フラットで、英国人留学生メレディス・カーチャーさん(当時21)の死体が発見された。

カーチャーさんは、借りていた部屋のベッドに半裸の状態で横たわっており、のどをナイフで刺されていた。

検視では、カーチャーさんが前日の11月1日夜に死亡し、死ぬ直前に性行為を行っていたことも分かった。

カーチャーのルームメイトで同じ大学に通っていたアメリカ人女子学生アマンダ・ノックスと、その恋人のイタリア人男性ラファエル・ソレシト、アマンダの顔見知りのコートジボワール人男性ルディ・グエデの3人を逮捕。

3人とも容疑を否認する中、警察は、乱交ゲームをしていて、被害者にゲームに加わることを拒否されたため殺害したとして起訴した。

マスコミは事件をセンセーショナルな報道で煽り立てた

イタリア国内では被告らが警察沙汰になった経験があるなどの事件とは無関係なことまで報道されるなどして報道が過熱

被害者の女性とアマンダが若く美しかったことや、アマンダの家族がシアトルのPR会社と契約しアマンダの無罪を主張したことによって、この事件は非常にセンセーショナルな事件としてとり上げられた

事件当時、20歳だったノックス被告は清楚(せいそ)な容姿からメディアに「天使」と表現される一方で、「セックス異常者」「危険な悪魔」などとも指摘された。

事件とは無関係なものも含めた様々な逸話は、メディアで執拗に報じられただけではなく、裁判において検察側の主張に使われ、「酒・麻薬に溺れるふしだらな女殺人鬼」といった「犯人像」が形成されていった

家族をもネタにした報道合戦が繰り広げられた

彼女を支えるためにペルージャを訪れた母親のエッダ・メラスと2人の妹ディアナ(20)とアシュリー(14)は、イタリアの女性誌『Gente』の特集に登場。

陰鬱な感じで裁判所の前に立つ3人の写真や、ペルージャの街を見下ろす丘でポーズをとる姉妹の写真などが掲載されている。

中には、ノックスと殺害されたイギリス人留学生メレディス・カーチャーが一緒に暮らしていた殺人現場の前で、短パン姿の2人の妹がポーズをとるショットもある。

二転三転したものの、ノックスさんには無罪が言い渡される

ノックスさんとソレシトさんは2009年に有罪判決を受け、長期の懲役刑を言い渡された。

2人はイタリアの刑務所に約4年間服役したが、2011年10月に控訴裁が証拠不十分として2人に対する有罪判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

しかし、その2年後、無罪判決は破棄され、ノックスさんが禁錮28年6カ月、ソレシトさんが禁錮25年の判決を受けていた。

そして2015年3月27日、イタリア最高裁はアマンダ・ノックスに対する殺人の有罪判決を覆し、再度逆転無罪を言い渡した。この二転三転した裁判劇も終結を迎えた模様。

しかし、事件の真相は未だ闇の中である

1 2