1. まとめトップ
1 お気に入り 3028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tsurutsruさん

ホントはもっと前から問題になっているのですが、毎度うやむやにされていました

トルコの海岸に打ち上げられた、アイランちゃんの遺体の画像は世界中に衝撃をもたらした。世界中で激しい怒りを伴う世論が巻き起こり、アイランちゃんの親類が提出した難民申請を拒絶した、中東から遠く離れたカナダの政治指導者らを困惑させている。

写真は自重しました

では、シリア難民て?

シリアで紛争が始まって4年半。いまだ解決の見通しは立っていません。激しい戦闘下にある場所はシリア全域に広がり、国を追われた人はついに400万人を越えました(※1)。トルコ、レバノンなどの周辺国には、難民が押し寄せています。また、逃れる手段がなく、危険な国内に留まっている方も多くいます。

人口の半数以上が避難民に。国外に逃れた400万人の行方は? 中東やアフリカからヨーロッパを目指すボートが地中海で転覆・遭難する事故が相次ぎ、2015年だけで死者数は2,000人(※2)に上りました。そのなかにはシリア難民も数多く含まれています。「欧州の難民問題」と報じられることも多いシリア難民ですが、どの国にどれくらい逃れているのでしょうか。

半数も!?

国外に逃れることができず国内で避難生活を送る人は760万人。つまり、シリアの人口の半数以上が避難民となっているのです。 国外に逃れた中で、その9割以上は、トルコ193万人、レバノン111万人、ヨルダン62万人、イラク25万人、エジプト13万人(※1)と、周辺国に留まっています。しかし、周辺国で難民キャンプに入れる人はごくわずか。多くの人は劣悪な環境で困窮を極めています。欧州にたどり着いたシリア難民は、実は約34万人・全体の6%に過ぎません。周辺国の政府やUNHCRは、欧州をはじめとする国際社会に受け入れ枠を増やすよう要請しています。

ちなみに難民キャンプは表沙汰になっています

しかし、あくまで難民申請などが降りた人たちのみ

そのため、あのような死亡事故が後を絶ちません

8月27日、オーストリアの首都ウィーン近郊の高速道路の路肩に、1台の冷蔵車(7.5トン車)が乗り捨てられていた。見回りの係員によると、猛烈な腐敗臭が漂い、ドアの隙間からは液体が漏れ出ていた。

最初のニュースでは、その中に20体から50体の屍体があるらしいということだったが、翌日には、その数は71体であったと報道された。

男性が59人、女性が8人、子供が4人。全員が難民で、オーストリア、あるいはドイツに密入国しようとしていたと思われる。国籍は、大半がシリア人らしい。死因は窒息死。あまりにも凄惨だ。ホラー映画よりも怖い。

今回の一件でいくつかの国が動いた

3日、欧州連合(EU)全域で「難民受け入れを割り当てる恒久的で義務的なメカニズム」について、ドイツのメルケル首相と合意したと語った。

ドイツが近隣諸国より多くの難民を受け入れる用意があるとし、「公正で、それぞれの国に可能なことを考慮した割り当てやルール」に沿って各国が役割を果たす必要があると強調した。

ただ、東ヨーロッパ諸国など難民や移民の受け入れに否定的な国もあり、どこまで一致して対応できるかは不透明。

紛争終結の見込みがないことから、難民認定したシリア人全員に永住権を与え、すぐに家族を呼び寄せられるようにするといった特別な施策を講じるスウェーデンのような国も。

では、日本は?

難民の数は増加傾向にあり、世界全体の難民数は2013年に戦後最多の5000万人を突破した。日本でも昨年、難民申請数が前年比で53%増加。5年前と比べると4倍になっているという。しかし、申請が認められたのは「先進国中最低」のたった0.2%(ロイター)だ。この極めて低い認定率は、日本が国連難民条約を批准した1981年以来続く傾向で、過去16年間で最も少なかったのは2013年の0.1%(6人)。同年の世界平均は32%だった。

さすが日本

難民申請から処分決定までには平均3年かかり、4〜5年かかったケースもあるという。DWも、「例えば内戦を逃れて来たような者が、母国を離れて証拠を提示するのは極めて難しい。しかし、日本の法務省は、認定するのに十分な証拠がないという理由でしばしば申請をはねつける」と批判している。

一部からは経済発展を重視しているからだと言われています

ちなみに難民認定は、
ある国において当該国の政府から居住許可を得ていない人物(当該国にとって外国人)を本国に帰還させた場合、人種、宗教、国籍、その他特定の社会的集団の構成員であることや、政治的意見を理由に迫害される大きな危機があると考えられる場合に当人を難民と認定して居住許可を与えるための手続・制度をいう。

1