1. まとめトップ

米軍の「標的の村」となった沖縄県東村高江地区の160人!本土の機動隊が住民弾圧

米軍基地の真ん中にあるという沖縄県東村高江地区ですけど、米軍ヘリコプターの基地が次々に建設されました。本土の機動隊が高江に来て、米軍基地の建設を進める為に住民を排除しています。

更新日: 2018年08月29日

1 お気に入り 2354 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆米軍機は、アメリカ人の居住地を飛ばない

高江地区は、沖縄の米軍基地に囲まれた地域にある事が分かります。

「標的の村」は沖縄でのオスプレイ配備と普天間基地の辺野古移設反対運動を追ったドキュメンタリー

機動隊が県外から派遣されてきて、高江の工事を止めようとしている住民に襲い掛かってきています。

三上智恵監督

三上 智恵は、ジャーナリスト、映画監督、ドキュメンタリー映像作家。毎日放送(MBS)ならびに琉球朝日放送 (QAB)の元 アナウンサー。

三上さんは、毎日放送で8年半、琉球朝日放送に移ってから19年と、計27年間も夕方のニュース番組でキャスターを務めてきた、今年49歳のベテランだ。

映画については配給会社の東風がこれまで通り業務を続ける。ただ、配給収入は、琉球朝日放送には入るが三上さんのもとへは入らない。

「標的の村」から2年

◆高江における機動隊の住民弾圧

嫌がらせの為にやっていると考えられています。

琉球の民が米軍基地に協力する機動隊から沖縄を守ろうとしています。

しばらくすると、南北からそれぞれ100名ほどの機動隊がやってきた。そして座り込んで抗議する県民を強制的に排除し始めた。

機動隊員は、高江で力づくで住民を排除しています。

住民が座り込みを行っていますが、機動隊によって排除されています。

◆関連リンク

1