1. まとめトップ

『エンジンコンディショナー』の効果と使い方、応用まとめ

エンコンとも略される強力エンジン内部洗浄ケミカル、それがエンジンコンディショナー。カーボン、ワニス、ガム、スラッジ、デポジットなど吸気系や燃焼室内部に推積する汚れを分解燃焼させ白煙としてマフラーから排出する。プラグホールへの直接施工や施工後に警告灯が点灯した場合の対象方法も解説!

更新日: 2015年11月05日

ceylon1341さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 77169 view
お気に入り追加

◆エンジンコンディショナーって何?

エンジンコンディショナーは各社から製品が発売されており、カーボン、ワニス、ガム、スラッジ、デポジットといったエンジンの吸気系や燃焼室内部に推積するガンコな汚れを分解除去する超強力な洗浄ケミカル。

主に自動車用エンジンのスロットルの洗浄用に用いられ、エンジン性能や加速性能の回復が期待される。

主なメーカーは、WAKOS(和光ケミカル)、KURE(呉工業)、住鉱潤滑剤(SUMICO)、DJ(トヨタ・ドライブジョイ)、日産PITWORKなど。

◆正しい使い方

まずは基本中の基本、スロットルのバタフライバルブの周辺の汚れを落とす方法。

エンジンコンディショナーをウエスに吹き付けて湿らせ、それをドライバーなど棒状の物に巻きつけて内部を清掃します。

スロットルワイヤーを手で引っ張り、バタフライバルブを開閉させながら内部もしっかり清掃しましょう。

電子スロットル車などは、もう一本ドライバーなどを用意し、バタフライを押し開けながら清掃を行ないます。

スロットルに直接エンジンコンディショナーを吹き付けても良いのですが、車種によってはスロットル周辺にあるセンサーの故障を招いてしまうという事例が数多く報告されていますので、あくまでも自己責任において作業してください。

詳しくは、みんカラなどの自動車SNSや、車種名+エンジンコンディショナーといったワードで検索してみると良いでしょう。

エンジンを暖気後、スロットルよりエアクリーナー側にあるゴムホースを外し、そこからエンジン側へ向けてエンジンコンディショナーを30秒ほどスプレーします。

この際、エンジンが息継ぎをしたり回転数が著しく落ちたりしますので、適度にアクセルを煽ってやります。

※エンジンコンディショナーの仕様説明に記載されているのはこの方法になります。

電子燃料噴射装置装着車と同様、エンジン暖気後にキャブレターの内部に30秒ほどスプレーし、息継ぎや回転数の低下に注意しながらアクセルを煽ります。

エンジンに蓄積されたカーボン、ワニス、ガム、スラッジといった汚れは、エンジンコンディショナーによって分解・燃焼され、マフラーから白煙となって排出されます。

この際、硫黄(アンモニア?)のような臭いの排気ガスが排出されますので、換気は勿論のこと、作業を行なうロケーション選びには十分注意しましょう。

回転数を不必要に上げ過ぎないように注意しつつ、白煙が出なくなるまでアクセルを煽れば作業終了となります。

※汚れがひどい車両の場合、あたり一面が真っ白に成るほどの白煙が出ますが、汚れがそれ程でもない車両ではあまり白煙が出ないようです。

◆動画での解説

◆効果覿面だけど、正しくはない使い方。

知る人ぞ知っているテクニックとして、点火プラグを外し、プラグホールからシリンダー内部に直接エンジンコンディショナーをスプレーするという荒技が存在します。

燃焼室内部や吸排気バルブ周辺の汚れを直接清掃する事で効果覿面なのですが、万が一エンジンが故障した場合誰も保障をしてくれません。
自己責任において施工するようにお願いします。

点火プラグを外し、各気筒のプラグホールからエンジンコンディショナーを燃焼室内部に直接スプレーします。

ライトなどで内部を照らして泡状のエンジンコンディショナーがしっかり注入されていることを確認し、泡が消えるまでしばらく放置します。

次に点火プラグを外したままエンジンキーを回してクランキングし、シリンダー内部のエンジンコンディショナーをプラグホールから排出します。

※プラグを外しておくのは、ウォーターハンマー現象によるエンジンの破損を防ぐためです。

この際、周囲にエンジンコンディショナーが飛び散らない様、プラグホールの上部をウエスなどで養生しておきましょう。

各気筒均一に洗浄されるよう①と②を数回繰り返した後、点火プラグを元に戻してエンジンを始動します。

あとは通常施工時と同様に、回転数を不必要に上げ過ぎないように注意しつつ、白煙が出なくなるまでアクセルを煽れば作業終了となります。

◆施工後にエンジン警告ランプが点灯した場合の対処法

出典ameblo.jp

エンジンコンディショナーの施工事例でよく報告されているのが、施工後にこのエンジンの形のチェックランプが点灯すると言うもの。

普段あまり見慣れない警告灯が光る為に慌ててしまうかもしれませんが、落ち着いて対処しましょう。

これはエンジンコンディショナーを施工する事により、ECUというコンピュータがスロットルの開閉情報などが異常と勝手に判断する事による物。

慌てずにECUのヒューズを抜き、5分程度放置した後に指し直しましょう。

その後、オーディオなどの電装品を全てオフの状態でしばらくアイドリングをする事でECUが再学習します。

※車種ごとに専用のECUのリセット方法などがある場合もあるようです。

ECUのヒューズの位置が解らない場合は、バッテリーのマイナス端子を外し、同様に5分程度放置します。

ただし、この方法ではオーディオや電装品の設定もリセットされてしまうので注意が必要です。

◆ネットの反応

プラグホールからエンジンコンディショナーぶっかけたら抜け良くなった

@mr2_t プラグ抜いて燃焼室にエンジンコンディショナーを吹いた  結構、いい感じだ

@gaigai525 ニードルとかパイロットスクリュー、スロースクリューはエンジンコンディショナーだけでokです、ダイヤフラムの破れがないかも一緒に確認!

@gaigai525 ワコーズだったかな?のエンジンコンディショナーで清掃ですね、開けてかなりひどいようでしたら細かい流路まで清掃するため、エンジンコンディショナーでだいたい落としてから鍋で10分ほど煮詰めるのもよいかもです。

フューエルワン プレミアムパワー エンジンコンディショナー 漏れ止め これで1回見てみたらいい

@25duNzTQ37AurFS エンジンコンディショナー、 プラグのとこにも溢れんばかりに ぶっかけた方がいいどーや(`_´)ゞ 汚れだぅ

カブにエンジンコンディショナーぶっこんだときの動画(JA07) pic.twitter.com/JapAusP5zo

カブにエンジンコンディショナーぶっこんだときの動画(MD50) pic.twitter.com/jo0MXYVwFV

◆関連まとめ

1 2





気になった事、ネットの反応、地元や趣味に関する事、読んだ本のアウトプットを兼ねたまとめ、「チラシの裏にでも書いてろ」レベルの個人的な調べ事など、色々まとめてみたいと思います。(・∀・)



  • 話題の動画をまとめよう