1. まとめトップ
  2. カラダ

舌は内臓の鏡!"舌の色"で分かる健康チェック

普段、自分の舌をじっくり見る事はありますか?昔から「舌は内臓の鏡」と言われますが、舌の色や状態でカラダの健康状態が分かるのです!舌チェックを日頃の体調管理に役立ててみては♪

更新日: 2015年09月07日

725 お気に入り 639951 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

舌の色や状態で健康チェックができる"舌診"

正常な舌は、ふっくらと柔らかく、赤ちゃんの舌のように舌全体がきれいなピンク色で、適度な湿り気を帯び、動きも滑らかです。

中医学では舌は「内臓の鏡」、「露出した内臓」なんて呼ばれたりして「健康のバロメーター」として考えられます。

舌はその人の体質や内臓の状態を映し出す“鏡”であると考えられています。

毎日観ていると身体の調子によって舌の状態が変化していることに気がつくはずです。

早速、”舌”チェックをしてみましょう

●舌が白い

冷たい飲食物を控えることと、適度な運動により抵抗力を高めることが効果的です。

体の栄養が不足していて、疲れやストレスが溜まっている可能性があります。

栄養があっておいしい食べ物や、楽しい運動、十分な睡眠を取り気分を変える事が大切です。

女性の場合には冷え症の事が多い為、半身浴等でリラックスして体をほぐしましょう。

●舌が黄色い

甘いもの、脂分の多いものを控え、消化のよいものを中心とした食事をとることをお勧めします。ウーロン茶・緑茶・ドクダミ茶などを多めに飲むことを習慣にすることも効果的です。

体力の低下、感染症や炎症を起こしている、熱が高まり水分の循環が悪くなっているなどの原因が考えられます。

水を多く飲む事で体内の細菌や老廃物を外に排出させ、熱も下げる効果が期待できます。

風邪をひいて体が熱くなっていたり、食べ過ぎで熱性の胃炎を起こしているときにも黄色くなります。

●舌が黒い

日常的に体を温めたり、冷たいものを摂らないように気を付けるのはとても大切ですが、しっかり睡眠をとるように心がけたり、胃腸が弱いので、暴飲暴食はせず、腹八分目で消化の良いものを摂るようにしましょう。

長期間に渡り体が冷えているため、慢性的な腰痛、肩こり、頭痛、下痢や、坐骨神経痛、肋間神経痛にも注意が必要です。

体の冷えを改善すると症状が和らぐ可能性がありますが、お風呂やマッサージなどの短期的な方法よりも、長期的な体質改善が必要となるでしょう。

抗生剤の副作用や、口腔内を不潔にしていると起きることがあります。

●舌が赤い

食事の栄養バランスを見直すことが必要です。特にビタミン類が欠乏していないかチェックが必要です。

風邪をひいてしまっているか胃が弱っている時によくみられる症状です。

風邪が治りきっていない状態なので、体温調整に気をつけ、抵抗力を高めるよう心掛ける。

体内に熱がこもっていたり、脱水症状を起こして体を冷ます機能が低下している際にも舌は赤くなります。

また、単にストレスによって舌が赤くなる場合もあります。

1 2